レビュー
» 2009年02月12日 18時00分 公開

SSDかHDDか、それが問題だ:今度のEee PCはHDD搭載でも美しい――「S101H」と「1002HA」を使い比べる(前編) (2/4)

[前橋豪, 撮影:矢野渉,ITmedia]

HDDの採用でボディはどう変わった?

 S101Hと1002HAは2.5インチ/9.5ミリ厚のSerial ATA HDDを採用することから、Mini PCI Express型モジュールのSSDを装備したS101に比べて、本体の厚さや重量がやや増している。下表は3モデルの本体サイズと重量だが、S101と比較した場合、横幅と奥行きはほぼ同じだが、厚さはS101Hが最薄部で7ミリ/最厚部で2.5ミリ、1002HAが最薄部で9.6ミリ/最厚部で2.8ミリ増している。重量はS101と比べて、S101Hが約0.04キロ増、1002HAが約0.19キロ増だ。今回入手した機材の重量を実測してみたところ、ほぼ公称値通りだった。

Eee PC S101H、1002HA、S101の本体サイズと重量
製品名 本体サイズ(幅×奥行き×高さ) 重量(公称) 重量(実測)
Eee PC S101H 264×181×25〜27.5ミリ 約1.1キロ 1.177キロ
Eee PC 1002HA 264×181×27.6〜27.8ミリ 約1.25キロ 1.238キロ
Eee PC S101 264×180.5×18〜25ミリ 約1.06キロ 1.093キロ

 実際に3台を持ち比べてみると、S101HはS101とほぼ同じ重さに感じられるが、厚さの違いははっきり分かる。1002HAも重さの違いは気にならないが、ほかの2台よりさらに厚みがある印象だ。とはいえ、画面サイズが同じ従来のHDD搭載モデルである1000H-Xは、本体サイズが266(幅)×191.2(奥行き)×28.5〜38(高さ)ミリ、重量が約1.45キロだったため、これよりは薄型軽量に仕上がっている。

 S101Hと1002HAは多少厚みがあるものの、S101と同様、前面から背面までフラットな形状で底面に突起などがないため、バッグへの収まりはよく、持ち運びやすい。

左からS101、S101H、1002HAの側面。厚さは違うが、いずれもフラットな形状で薄型のバッグにも収納しやすい

左からS101、S101H、1002HAにおける液晶ディスプレイを開いた状態の側面。1002HAは液晶ディスプレイ部に厚みがある一方、画面の上部に内蔵されたWebカメラが約130万画素と高画素数になっている。S101とS101HのWebカメラは約30万画素だ

左からS101、S101H、1002HAの上面。いずれも設置面積はほぼ同じだ。S101とS101Hは真上から見ると、見分けがつかない。1002HAは表面の仕上げが異なる

デザインへの注力はS101譲り

 低価格なNetbookながら作り込まれた外装もチェックしておこう。S101の兄弟モデルともいえるS101Hは、UVコーティングの光沢塗装が目立つ天板にメッキ加工のフレームをあしらい、パームレストにヘアライン処理と酸化防止処理を施し、液晶のヒンジ部の両端をスワロフスキーのクリスタルガラスで飾り、キーボードをラメ入りの塗装とするなど、至るところに高級感への配慮が見られる。

 下位モデルの1002HAは、天板とパームレストにヘアライン加工と酸化防止処理を施し、本体周囲のフレームをマット調に仕上げるなど、全体に落ち着いた雰囲気だ。この外装の違いが価格設定に少なからず反映されている点は覚えていきたい。もっとも、1002HAは、ボディの輝きが個性を主張するS101やS101Hより無難な外装でありながら、メタリックな質感が安っぽさを感じさせないため、1002HAのデザインのほうが気に入るユーザーもいるだろう。

 単に見栄えを重視しているだけではない点にも触れておきたい。いずれのモデルもラッチレスで液晶ディスプレイ部がきちんと閉じたり、パームレスト部を片手でつまんで持ち上げてもボディがたわまないなど、ボディ全体の剛性感は確保されている。Netbookでこの質感ならば、満足度は高いはずだ。

S101Hの天板はUVコーディングが施され、光の加減で違った色に見える(写真=左)。S101と同様、液晶のヒンジ部はスワロフスキーのクリスタルガラスが埋め込まれている(写真=中央)。ヘアライン加工が施された金属製のパームレスト(写真=右)

1002HAの天板はヘアライン加工で落ち着いた雰囲気だ(写真=左)。液晶ヒンジ部にはS101Hと同じような円形の装飾が見られるが、クリスタルガラスは埋め込まれていない(写真=中央)。パームレストのヘアライン加工はS101Hと共通のデザインだ(写真=右)

S101Hと1002HAは、S101と同じブラックで統一された高級感あるパッケージを採用している(写真=左)。S101Hにはマグネットで開閉するキャリングケースが付属(写真=中央)。1002HA付属のキャリングケースはファスナーで開閉する簡素な作りだ(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう