レビュー
» 2009年08月13日 13時01分 公開

イマドキのイタモノ:「Phenom II X4 965 Black Edition」でNehalemに挑む (2/3)

[石川ひさよし,ITmedia]

x86系最高の3.4GHzでCore i7 920(動作クロック2.66GHz)に追いついた

 955 BEで測定したベンチマークテストの結果(詳しくは「AM3を選ぶ「理由」がそろった──Phenom II X4 955のパフォーマンスをチェックする」を参照のこと)は、Nehalem世代のバリューモデル「Core i7 920」に及ばない局面が多々見られた。果たして965 BEはCore i7にどこまで迫ることができるだろうか。

 今回、評価用機材として用意したのは、チップセットにAMD 790GXとSB750を組み合わせたMSIの「790GX-G65」で、グラフィックスカードは「MSI N280GTX-T2D1G」(GPUはGeForce GTX 280)を1枚組み込んでいる。比較用のCPUには、Core i7 920、および、Core i7 940を用意した。

 メモリはDDR3-1333に対応した1枚2Gバイトのモジュールをそろえ、Phenom II X4のテスト環境では2枚=4Gバイトを実装し、Phenom II X4の定格であるDDR3-1333で動作させている。一方、Core i7のテスト環境では3枚=6Gバイトを用い、Core i7の規定値であるDDR3-1066で動作させた。

CPU Phenom II X4 965(3.4GHz) Phenom II X4 955(3.2GHz) Core i7 920(2.66GHz) Core i7 940(2.93GHz)
Motherboard MSI 790GX-G65 MSI X58M Intel DX58SO
Chipset AMD 790GX+SB750 Intel X58 Express
Memory DDR3-1333 4GB(2GB×2) DDR3-1066 6GB(2GB×3)
Graphics MSI N280GTX-T2D1G
GraphicDriver GeForce Driver 190.38(PhysX:Disable)
HDD WD3200AAJS-B4A(320GB/7200rpm/8MB)
OS Windows Vista Ultimete (SP2) 32ビット

Sandra 2009.SP2 v15.72

CPU Arithmetic−Dhrystone iSSE4.2/ALU
CPU Arithmetic−Whetstone iSSE3
CPU Multimedia−Multi-Media Int x8 aSSE2

CPU Multimedia−Multi-Media Float x4 iSSE2
CPU Multimedia−Double x2 iSSE2
Memory Bandwidth−Int Buff'd iSSE2

Memory Bandwidth−Float Buff'd iSSE2

SYSMark 2007 Preview Patch-4

Ratings
E-Learning
VideoCreation

Productivity
3D

PCMark Vantage Build 1.0.0

PCMarks
Memories
TV and Movies

Gaming
Music
Communications

Productivity
HDD

PCMark 05 Build 1.2.0:

PCMarks
CPU
Memory

Graphics
HDD

3D系ベンチマークテスト

3DMark Vantage Build 1.0.1:CPU Score
Crysis(Patch 1.2.1):CPU_Benchmark

CINEBENCH R10

Single CPU
Multiple CPU
Multiprocessor Speedup

消費電力

Sandra CPU Arithmetic:ピーク値
アイドル時におけるシステム消費電力をワットチェッカーで測定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう