特集
» 2011年05月27日 16時15分 公開

オフィス機器購入ガイド:ビジネスプリンタの選び方――“意外にお手ごろ”なカラープリンタ編 (2/3)

[小川夏樹,ITmedia]

・低ランニングコスト+大容量給紙のA4カラーモデル――京セラミタ「ECOSYS FS-C5250DN」

 モノクロモデルでも紹介したように、京セラミタは大規模事業所向けの大きなコピー機や複合機を得意としているメーカーだが、SOHO/SMB向けのモデルももちろんラインアップしている。

 この「ECOSYS FS-C5200DN」は、デザインやスペック的にもSOHO/SMB向けとして使えるA4カラーモデルだ。印刷速度はカラーとモノクロがともに26枚/分と高速で、有線LANも標準装備し、実売価格で10万円を切る。

 さらにブランド名のECOSYSが示すようにランニングコストを低く押さえている点も見逃せない。メーカー発表ながら、A4カラー印刷で8.2円/枚、モノクロ印刷では1.2円/枚という低コストが魅力だ。ランニングコストは長期運用で効果が出てくるので、長く付き合うほどお得なモデルということもできる。また、オプションの給紙カセットを用いると、最大2050枚もの給紙が行えるのも複合機メインのメーカーらしい。

「ECOSYS FS-C5250DN」

・低価格モデルながら充実のスペックを持つ新モデル――ブラザー「JUSTIO HL-4570CDW」

 モノクロレーザーやインクジェット複合機が強いイメージのあるブラザーだが、ここ数年で「カラーのブラザー」というイメージも浸透しつつある。同社のビジネスプリンタ/複合機「JUSTIO(ジャスティオ)」シリーズは、モノクロモデルだけでなく、カラーモデルでも低価格かつ十分なスペックを持つ。

 2011年2月に発売されたばかりの「HL-4570CDW」は、A4カラーの単機能モデルとしてスペックが充実している。印刷速度はカラー/モノクロともに28枚/分と高速で、自動両面印刷も標準装備した。加えて、有線LAN/無線LANに両対応しているのもポイントだ。

 標準の給紙枚数は300枚(多目的トレイ50枚、標準トレイ250枚)と控えめだが、オプションで500枚給紙可能な増設トレイが用意されている。このスペックながら、実売価格では5万円を切るショップもあり、コストパフォーマンスはなかなか高い。

 なお、同社は2011年5月18日、ハイスペックと最大5年間無償保証を提供する上位シリーズ「ジャスティオ プロ」も発表した。こちらはやや高めの価格帯になるが、A4カラーモデル「HL-4570CDWT」の実売価格が13万円前後(6月中旬発売)におさまっており、今後の展開が楽しみだ。

「JUSTIO HL-4570CDW」

・タンデムエンジンの老舗が放つ低価格モデル――リコー「IPSiO SP C320」

 カラーレーザープリンタ国内市場のシェアではトップグループに入るリコーは、大規模事業所向けからSOHO/SMB向けまでと、幅広くカラーレーザー機をラインアップしている。今では広く普及しているカラーレーザー/LEDの高速な印刷方式であるタンデム方式を古くから採用する老舗だ。

 そのリコーはSOHO/SMB向けに省スペース性を重視したデザインのA4カラーモデル「IPSiO SP C320」をラインアップしている。印刷速度はカラー/モノクロともに25枚/分と高速なうえ、高速な自動両面印刷機能と有線LANも標準で搭載しながら、実売で8万円前後にまとまっている。従来機に比べて、耐久性も高めた(最大36万ページ印刷)。

 給紙容量も標準で500枚セット可能な給紙トレイに、手差しトレイの100枚を合わせ600枚と十分だ。さらにオプションの増設カセットを追加すれば、1100枚までの用紙がセットできるようになる。加えて数少ない1200dpi×1200dpi(True 1200dpi)での高画質印刷も可能なので、画質にこだわりたいユーザーにとっても候補に挙げられる。

「IPSiO SP C320」


 以上、A4カラーレーザーの注目機種をピックアップして見てきたが、市場には発売が2009年以前ながら、現行機種の扱いとなっている製品もある。そうした製品は、場合によっては下位モデルより実売価格が安いこともあるので覚えておきたい。

 ただし、より新しい機種のほうが高機能なのに加えて、デザインがコンパクトかつスタイリッシュに仕上がっており、省エネにも配慮されているなど、価格以上のメリットが得られることも少なくない。やはり、最新モデルから検討したほうが無難だろう。

今回紹介したA4カラー単機能プリンタ(1)
メーカー名 OKIデータ OKIデータ OKIデータ OKIデータ OKIデータ
製品名 COREFIDO C310dn COREFIDO C510dn COREFIDO C530dn COREFIDO C610dn COREFIDO C711dn
印刷方式 4連LEDヘッド+乾式電子写真方式 4連LEDヘッド+乾式電子写真方式 4連LEDヘッド+乾式電子写真方式 4連LEDヘッド+乾式電子写真方式 4連LEDヘッド+乾式電子写真方式
最大印刷解像度 600×1200dpi 600×1200dpi 600×1200dpi 600×1200dpi 600×1200dpi
プリント速度(A4カラー片面、A4モノクロ片面) 22枚/分、24枚/分 26枚/分、30枚/分 26枚/分、30枚/分 34枚/分、36枚/分 34枚/分、36枚/分
プリント速度(A4カラー両面、A4モノクロ両面) 12ページ/分、13ページ/分 14ページ/分、16ページ/分 14ページ/分、16ページ/分 25.5ページ/分、27ページ/分 25.5ページ/分、27ページ/分
自動両面印刷 標準対応 標準対応 標準対応 標準対応 標準対応
ネットワーク対応 標準対応(有線LAN) 標準対応(有線LAN) 標準対応(有線LAN) 標準対応(有線LAN) 標準対応(有線LAN)
給紙枚数(標準) 390枚 390枚 390枚 440枚 690枚
最大給紙枚数 970枚 970枚 970枚 1600枚 1850枚
本体サイズ(幅×奥行き×高さ) 410×504×242ミリ 410×504×242ミリ 410×504×242ミリ 435×604×340ミリ 435×604×389ミリ
重量 約17.4キロ(消耗品含まず) 約17.4キロ(消耗品含まず) 約17.4キロ(消耗品含まず) 約23.9キロ(消耗品含まず) 約26キロ(消耗品含まず)
消費電力 最大:1170ワット、印刷時:平均480ワット、待機時:平均80ワット、スリープ時:最大9.5ワット 最大:1170ワット、印刷時:平均540ワット、待機時:平均80ワット、節電モード時:最大9.5ワット、スリープ時:約1.8ワット 最大:1170ワット、印刷時:平均540ワット、待機時:平均90ワット、節電モード時:最大14ワット、スリープ時:約0.9ワット 最大:1300ワット、印刷時:平均600ワット、待機時:平均100ワット、節電モード時:最大15ワット、スリープ時:約0.9ワット 最大:1300ワット、印刷時:平均600ワット、待機時:平均100ワット、節電モード時:最大15ワット、スリープ時:約0.9ワット
実売価格 3万円台半ば〜5万円前後 4万円前後〜5万円台半ば 5万円台前半〜6万円台後半 7万円前後〜8万円台後半 9万円前後〜11万円前後
ランニングコスト(A4カラー/A4モノクロ) 約13.6円/2.4円 約12.2円/2.3円 約12.2円/2.3円 約11.6円/約2.8円 約11.5円/約2.7円

今回紹介したA4カラー単機能プリンタ(2)
メーカー名 エプソン キヤノン キヤノン
製品名 Offirio LP-S510 Satera LBP5050 Satera LBP5050N
印刷方式 半導体レーザー+乾式電子写真方式 半導体レーザー+乾式電子写真方式 半導体レーザー+乾式電子写真方式
最大印刷解像度 1200×600dpi 9600dpi相当 9600dpi相当
プリント速度(A4カラー片面、A4モノクロ片面) 5枚/分、19枚/分 8枚/分、12枚/分 8枚/分、12枚/分
プリント速度(A4カラー両面、A4モノクロ両面)
自動両面印刷
ネットワーク対応 オプション(有線/無線LAN) 標準対応(有線LAN)
給紙枚数(標準) 200枚 151枚 151枚
最大給紙枚数
本体サイズ(幅×奥行き×高さ) 404×380×275ミリ 401×452×262ミリ 401×452×262ミリ
重量 約14.5キロ(消耗品含む) 約16キロ(本体のみ) 約16キロ(本体のみ)
消費電力 最大:970ワット以下、印刷時:カラー平均400ワット、モノクロ平均440ワット、待機時:平均140ワット、節電モード時:平均14ワット 最大:535ワット以下、印刷時:カラー平均約200ワット以下、モノクロ平均約245ワット以下、待機時:約11ワット以下、スリープ時:約4ワット以下 最大:540ワット以下、印刷時:カラー平均約205ワット以下、モノクロ平均約255ワット以下、待機時:約13ワット以下、スリープ時:約7ワット以下
実売価格 3万円台前半〜4万円前後 2万円台後半〜4万円台前半 3万円台前半〜5万円台前半
ランニングコスト(A4カラー/A4モノクロ) 約18.6円/4.2円 約18.1円/3.3円 約18.1円/3.3円

今回紹介したA4カラー単機能プリンタ(3)
メーカー名 京セラミタ ブラザー工業 リコー
製品名 ECOSYS FS-C5250DN JUSTIO HL-4570CDW IPSiO SP C320
印刷方式 半導体レーザー+乾式電子写真方式 半導体レーザー+乾式電子写真方式 半導体レーザー+乾式電子写真方式
最大印刷解像度 600dpi×600dpi 2400×600dpi 2400dpi相当×600dpi
プリント速度(A4カラー片面、A4モノクロ片面) 26枚/分、26枚/分 28枚/分、28枚/分 25枚/分、25枚/分
プリント速度(A4カラー両面、A4モノクロ両面) 13ページ/分、13ページ/分 14ページ/分、14ページ/分 25ページ/分、25ページ/分
自動両面印刷 標準対応 標準対応 標準対応
ネットワーク対応 標準対応(有線LAN) 標準対応(有線/無線LAN) 標準対応(有線LAN)
給紙枚数(標準) 550枚 300枚 600枚
最大給紙枚数 2050枚 800枚 1100枚
本体サイズ(幅×奥行き×高さ) 390×523×397ミリ 410×486×313ミリ 400×480×387ミリ
重量 約30.2キロ(消耗品含む) 約21キロ(消耗品含む) 約29キロ(消耗品含む)
消費電力 最大:1118ワット、印刷時:平均455ワット、待機時:58ワット、スリープ時:6ワット 最大:1000ワット、印刷時:550ワット、待機時:70ワット、スリープ時:約0.8ワット(無線LAN時8ワット) 最大:1300ワット、予熱モード時:45ワット以下、オートオフモード時:4.5ワット以下
実売価格 8万円台前半 4万円台後半〜5万円台半ば 8万円前後
ランニングコスト(A4カラー/A4モノクロ) 約8.2円/約1.2円 約11.5円/約2.7円 約12円/約3円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう