連載
» 2012年04月24日 11時00分 公開

「数ユーロからOK」な海外定額データ通信:海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「イタリア・ミラノ 2012年」編 (2/3)

[山根康宏,ITmedia]

3ITのUSBモデムセットを購入

 では、ドゥーモ広場近所の「3IT」店舗でプリペイド通信環境を入手してみよう。

 店舗は、整理券を受け取って順番を待つよくあるスタイルだ。来場時、待ち人数が5、6人もいて、しっかり30分ほども待たされたが、それだけ需要が多いということなのだろう。ぶらりと来店する(のがほとんどと思うが)場合は少し気をつけてほしい。

photophoto ドゥオーモ広場そばの3IT店舗外観(写真=左)と店内のデータ通信機器コーナー(写真=右)。29ユーロとあるポータブルルータは、プリペイドではなく通常契約時の価格

 3ITのUSBモデムは、すべてがプリペイドスタイルで販売されている。価格は20〜30ユーロ(日本円換算:約2154〜3231円 2012年4月24日現在、以下同)とお手ごろで、もちろんSIMカード込みだ。ポータブルルータセットもあるが、こちらは80〜100ユーロ(約8617〜1万772円)とやや高額だった。

 機器はHuawei製が多い一方で、Momodesignという携帯電話系では見慣れないブランドのものもあった。Momodesignはイタリアのクルマ関連のアクセサリメーカー、特にステアリングホイールで知られる“MOMO(モモ)“によるもので、デザイン性のよさをポイントに同ブランドを冠した製品が販売されているようだ。中身もプリペイドサービス向けUSBモデムではHuaweiと同じく採用例の多いZTE製のため心配なさそう──ということで、このUSBモデムを購入することにした。

 料金プランは大きく分けて時間制と容量制の2つ。時間制は4時間/1ユーロ(約107円)、15時間/3ユーロ(約323円)、100時間/15ユーロ(約1615円)があり、容量制は300Mバイト/1ユーロ(約107円)、3Gバイト/9ユーロ(約969円)、15Gバイト/14ユーロ(約1508円)のプランがある。

 スマートフォンやタブレットでの利用ならば、それほど大容量のデータ転送は行わず、こまめにデータ通信を切断する工夫もしやすいことから容量制がよいと思う。数日間の滞在なら、かなりガンガン使ったとしても3Gバイト分あれば十分だと思う。

 ビジネス時などPC業務での利用が多いなら、つなぎっぱなしで使える時間制が向いている。100時間のプランなら計4日間まるごとつなぎっぱなしもOKということで、いわゆる「4日間定額プラン」といえる。一応、プランおよび料金は2012年4月現在のもの。今後改定される可能性があるので、渡航時は改めて料金・プランの確認をしてほしい。

 時間制と容量制で、通信速度の差(速度制限の有無)があるかもしれないが、店舗スタッフもそのあたりは不明とのことで、そもそも気にする人がいないのか、あるいは変わらないと思われる。購入には、身分証明書としてパスポートと現地住所(滞在時のホテルのもので構わない)の掲示が必要となる。

photophoto あの“モモステ”ブランドのMomodesignのUSBモデム。SIMカードを機器に装着し、PIN文字列を入力すればすぐ使えるようになrう。PIN文字列は、SIMカードの台紙に記載されている

 PCでは、SIMカードを入れて、USBポートに差せば接続ソフトのインストールが自動的に始まる(いわゆるゼロインストール仕様)。接続ソフトは、起動時に「Please enter PIN」のポップアップメニューが出るので、SIMカードの台紙に書かれている4ケタ数字のPIN文字列を入力する。画面中央の「Connect」ボタンを押せばインターネットへ接続される。

 利用状況は画面上方にある“給油マーク”のアイコン(Recharging)よりチェックできる。あるいは、3IT接続時にhttp://internet.tre.it/ へアクセスし、利用しているSIMカードの電話番号入力で確認可能だ。

 また残高の追加もオンラインで行える。ただし、表示言語はイタリア語のみとなる。3ITの店舗へ行き、店頭で残高を追加してもらうこともできる。

photophoto 接続ソフトウェアより「PIN」を入力する。PIN文字列はSIMカード台紙に4ケタの数字で記載してある。残高確認は「Recharging」メニューから
photophoto 残高追加も行えるが、表示言語はイタリア語のみだった。残利用量は残り時間が数字と棒グラフ状で表示される。こちらは「14時間21分利用できるよ」という意味だ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう