レビュー
» 2012年07月03日 11時00分 公開

この劇的な軽さ、まさに無双:な、何だこの軽さはっ! 13.3型で875グラムの“超”軽量Ultrabook──「LaVie Z」徹底チェック (3/6)

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]

重量は875グラム。バッテリー動作時間は公称約8.1時間、ACアダプタも薄型タイプ

photo 重量は約875グラム。今回の試作評価機は861グラムだった(※製品版は、強度確保のため若干重量が増えたようだ)

 改めてスペックを確認しよう。ボディサイズは313(幅)×209(奥行き)×14.9(厚さ)ミリで、重量は875グラムだ(ちなみに当評価機の実測値は、カタログ値よりさらに軽量な861グラムだった)。ともあれ、「1キロそこそこ/1キロを切った」とうたう軽量志向のUltrabookはすでにいくつか存在するが、これらモデルを横目に「フフッ」と鼻で笑うかのように、軽さにおいて何歩も先を進んでいる。

 薄型軽量はもちろんだが、13.3型ワイドの液晶ディスプレイを搭載するPCとしてはコンパクトで、感覚としては11.6〜12型クラスに近いフットプリントに収めている。また、ボディデザインはシンプルだが、使いやすさにつながる部分など細かい部分の意匠にはこだわっている。前面を緩やかな「く」の字型に造形し、スマートにディスプレイを開けられるよう工夫。側面の“微妙にくびれたフォルム”も、両側面にあるコネクタの保護を兼ねた造形で、実は意味のあるものだという。

 カラーバリエーションは「ムーンシルバー」と名付けられた1色のみで展開する。金属特有のサラサラ感が心地よいライトシルバーを基調に、ディスプレイベゼル部分は光沢ブラックを用い、開けば額額縁のデザインとともに画面に集中できるようにする意図が込められている。細かいが、ワンポイントとして天面部に見る角度によって色が変わるホログラムNECロゴもあしらった。


photophotophoto 細かいところだが、天面のNECロゴは見る角度によって色が変わるホログラム仕様となっている
photo バッテリーは内蔵される。動作時間はカタログ値で8.1時間、1時間で80%まで充電する急速充電機能も備える。ACアダプタは65.5(幅)×105.5(奥行き)×18.5ミリの薄型仕様だ。また薄型ボディにも薄型設計を維持しつつ、ユーザーも安心して着脱できる新設計の角形DCポートを採用した(※製品版では、ゴム足の形状や色が若干変更される。また、印字も製品版とは異なり、ネジ部にはネジ隠しが貼付される可能性がある)

 バッテリーは内蔵型で、着脱は行えない(ユーザーレベルでの着脱は行えない)。仕様は11.1ボルト/3000mAhで33.3ワットアワーとなる。ただし、動作時間はカタログ値で約8.1時間とそこそこ優秀だ。薄型軽量化を優先したこともあってUltrabookとしては“最長”ではないが、ヘビーモバイラーでも実用的に使えるよう、1時間で残量0から約80%まで充電できる「急速充電機能」を用意する。

 標準で付属するACアダプタは厚さ約18.5ミリと薄型で、重量はケーブル込みの実測で300グラム。デザインこそ特別に洗練された印象はないが、薄型の本体と一緒にいれてもかさばらない点はうれしい。新設計の角形DCポートも、ボディ薄型化のため細く頼りない形状になりがちな丸形DC端子に対して抜けにくく、折れにくく、安心して使えるつくりとなっている。



NEC Direct(NECダイレクト)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう