レビュー
» 2012年07月03日 11時00分 公開

な、何だこの軽さはっ! 13.3型で875グラムの“超”軽量Ultrabook──「LaVie Z」徹底チェックこの劇的な軽さ、まさに無双(1/6 ページ)

この軽さはまさに無双! ええぃ、NECのUltrabookは化け物か。インテルのイベントなどでチラ見せされてきたウワサの超軽量Ultrabookがついにベールを脱いだ。早速、その実力を徹底検証する。【バッテリー容量記述を追加】

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]

A4クリアファイルサイズ、13.3型で875グラムの世界最軽量Ultrabook

photo NEC「LaVie Z(LZ750/HS)」。2012年8月中旬発売予定、価格は16万5000円前後、標準モデルのLZ550/HSは13万5000円前後となる

 インテルのUltrabookイベントなどでチラ見せされてきた、あのウワサの超軽量Ultrabookがついに登場。NECより「LaVie Z」が正式発表された。

 LaVie Zは、今回の正式発表前に搭載CPUや13.3型ワイドのディスプレイサイズと解像度999グラム以下といった仕様が小出しに明かされてきたのだが、本体サイズ、重量、バッテリー動作時間といった詳細も改めて公開となった。

 本体サイズは313(幅)×209(奥行き)×14.9(厚さ)ミリ、そして、これまでかたくなにヒミツにされてきた重量は、なんと「約875グラム」であった。確かに予告値の999グラム以下だが、その数値を大幅に下回る800グラム台のスペシャルな値に到達していたのだ。これにはかなり驚いた。

 ノートPCのスペックに詳しいユーザーならば、このボディサイズ、そして重量だけでも相当な衝撃を受けているはずだ。何しろUltrabookを含めた最近の薄型軽量ノートPCは、13型クラスで1.3〜1.4キロほど。やや小型の11.6型クラスでも1キロ前後といったところ。さらに厚さも16〜17ミリほどが多くを占めている。Ultrabookではないが薄型で知られるアップルのMacBook Airも、13.3型モデルで1.35キロ、11.6型モデルは1.08キロで、最厚部は17ミリある。こちら、NECが「世界最軽量のUltrabook」とうたう通り、近年の13型クラス薄型軽量ノートPCとしてはダントツで薄型+軽量なのである。

photophoto 試作評価機は公称スペックより軽量な861グラム、ACアダプタ込みでも同等サイズのUltrabook他モデルと同等以下の1163グラムだった

 LaVie Zは、Core i7-3517U(1.9GHz/最大3.0GHz)+256GバイトSSD仕様の「LZ750/HS」と、Core i5-3317U(1.7GHz/最大2.6GHz)+128GバイトSSD仕様の「LZ550/HS」の計2つの店頭モデルを用意するが、今回は上位 PC-LZ750HSの試作評価機で実パフォーマンスをチェックしよう。

 ともあれ、ここまで薄くて軽いと「他の部分に落とし穴があるのではないか」「使い勝手は犠牲になっていないのか」と気になるだろう。そのあたりも含めてじっくりと検証していく。

 ※今回の評価は最終仕様決定前の試作機で行っております。ハードウェアおよびソフトウェアの仕様・機能・パフォーマンスは、製品版と一部異なる可能性があります

超低電圧版のIvy Bridge/ChiefRiverシステムを採用

 基本システムには、Ivy Bridge(開発コードネーム)こと第3世代Core iシリーズの超低電圧版を中心としたノート向けのChiefRiver(同)プラットフォームを採用する。

 第3世代Core iシリーズは、3Dトランジスタを導入した22ナノメートルプロセスルールで製造されており、第2世代Core iシリーズ(開発コードネーム:Sandy Bridge)と比べると、高性能かつ低消費電力で、CPU内蔵GPUコアのグラフィックス性能も向上している。

 評価機とした上位モデル LZ750/HSはCore i7-3517Uを搭載する。デュアルコア/4スレッドの同時処理を可能とするCPUで、動作クロックは1.9GHz、Intel Turbo Boost 2.0により高負荷時は最大3.0GHz(2コアアクティブ時2.8GHz)で動作する。TDPは17ワットだ。

photophotophoto LZ750/HSはCore i7-3517Uを実装する。第3世代Core iシリーズのTDP17Wの超低電圧版モデルで、デュアルコアでHyper-Threadingに対応しており、4スレッドの同時実行が可能。Turbo Boost 2.0により、2コアアクティブ時に最大2.8GHz、最大3.0GHzで動作する(画面ではブランドアイコンと名称はなぜかCore i5になっているが、こちらはCPU-Z側の不都合と思われる)。メモリは4GバイトのPC3-12800 SO-DIMM(DDR3-1600)をオンボードで搭載している。デュアルチャンネルアクセスには非対応で、シングルチャンネルアクセスとなっている

 チップセットにはIntel UM77 Express、グラフィックス機能はCPU統合のIntel HD Graphics 4000を利用する。メモリはPC3-12800 SDRAMをオンボードで4Gバイト搭載し、こちらは固定となる(増設は行えない)。また、デュアルチャネルアクセスには対応せず、メモリコントローラの最高性能は引き出せない仕様だが、こちらは徹底した軽量・薄型・高解像度ディスプレイといった仕様の実現のため、残念ながら妥協せざるを得なかった部分だ。もちろん4Gバイトあれば、OS操作や一般的なアプリケーションの体感速度にはほとんど影響がない部分ではある。

 データストレージは、Serial ATA対応のモジュール型SSDを採用し、容量は約256Gバイトとなる。評価機のSSDをデバイスマネージャで確認すると「MZMPC256HBGJ」というSamsung製のものを登載していた。こちら、mSATA(Serial ATA 6Gbps)対応SSDで、公称のシーケンシャルリード値は、256Gバイトモデルの場合で最大500Mバイト/秒、シーケンシャルライト値は最大260Mバイト/秒、同じく128Gバイトモデルはシーケンシャルライト最大255Mバイト/秒となっている。

photophotophoto デバイスマネージャ画面の一部。LZ750/HSの評価機はストレージはSamsung「MZMPC256HBGJ」という256GバイトSSDを実装していた。また、無線LANモジュールは5GHz帯にも対応するIEEE802.11a/b/g/n準拠のCentrino Advanced-N 6235となる

 通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth v4.0+HSを標準装備する(有線LAN端子は搭載しない)。このほか右側面には、ヘッドフォン出力(3.5ミリステレオミニ)、USB 2.0×1(パワーオフ充電機能対応)、USB 3.0×1、HDMI出力を、左側面にはSDメモリーカードスロット(SDXC対応)を装備する。液晶ディスプレイ上部に有効92万画素のWebカメラ、底面にステレオスピーカー(1ワット+1ワット)を搭載している。

 OSは64ビット版Windows 7 HomePremium(SP1)、オフィススイートはWord/Excel/PowerPoint/OneNote/Outlookを包括したOffice Home and Business 2010(SP1)をプリインストールする。ちなみに、下位モデル PC-L550HSはCPUをCore i5-3317U(1.7GHz/最大2.6GHz)、SSD容量は約128Gバイトとした以外の仕様は共通だ。

photophoto 前面は電源/バッテリー動作、無線LAN、ストレージアクセスなど各種状況を示すインジケータを実装。後面はヒンジ機構のためインタフェースは備えない。ゴム足により若干傾斜が付いている
photophotophoto 左側面は、盗難防止(ケンジントン)ロックポート、排熱口、SDメモリーカードスロット(標準サイズ)、右側面はイヤフォン出力、USB 2.0、USB 3.0、HDMI出力、角形DC端子が備わる。USB 2.0は、PCの電源オフ時もUSB機器に給電できる「パワーオフUSB充電」に対応する


NEC Direct(NECダイレクト)

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年02月23日 更新
  1. デルのプレミアムノートPC「XPS」に2024年モデル Core Ultraプロセッサを搭載してパワーアップ (2024年02月21日)
  2. トラックパッド付きで実売1万円台後半! 保護性能もピカイチな第10世代iPad用のUAG製Bluetoothキーボードケースを試す (2024年02月22日)
  3. マウス、Core i7+RTX 4070搭載ミニタワー型ゲーミングPCを約7万円引きで販売 (2024年02月21日)
  4. スマートホームを一括管理できるコントロールパネル「Amazon Echo Hub」登場 Amazon.co.jp限定販売で2万5980円 (2024年02月21日)
  5. もっと早く知りたかった? 壁面の照明スイッチにボットを簡単取り付けできるオプション2製品を試す (2024年02月20日)
  6. アイロボットが「ルンバ」のサブスクサービスを刷新 サブスクマニアも絶賛するその内容は? (2024年02月22日)
  7. デル・テクノロジーズがKITTE丸の内にポップアップストアを開設 約90種類のPCやアクセサリーを手に取って試せる! (2024年02月22日)
  8. “40年前の名機”をオマージュした「AYANEO Retro Mini PC AM01」をセットアップした (2024年02月21日)
  9. リンクスがBlackview製12型Androidタブレット「Blackview Tab18」の国内取り扱いを開始 (2024年02月22日)
  10. ポータブルゲーミングPCのポート不足はこれで解消! アイ・オーの「USB Type-Cドック」を使って分かったこと (2024年02月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー