レビュー
» 2012年10月17日 11時55分 公開

「iPhone 5」のLTEテザリングは都内以外でも快適? 島根と箱根でテストしてみた広田稔のiPhoneでいく(11)(3/4 ページ)

[広田稔,ITmedia]

オマケ:東海道・山陽新幹線に乗りながら速度を測ってみた

 島根への出張において、行きは新幹線の「のぞみ」を利用したが、その際に気になったのは、各駅でどれくらいLTEが入って、実際の速度はどんなもんかということ。しかし、取材のスケジュールがタイトだったため、各駅に降りてテザリング速度を計測するのは難しい。というわけで駅で停車しているわずかな時間に、iPhone 5とHTC Jの端末から「SPEEDTEST.NET」のアプリを実行して、その差を比べてみた。

 iPhoneやAndroid端末から直接、速度を測る場合、あいだに無線LANの通信が挟まるテザリングよりも速くなる傾向にある。このため、島根や箱根のテストとは別枠として見てほしい。ちなみに走行中はiPhoneもHTC Jもテザリングでつながらなかった。東海道新幹線はN700系車において、東京〜新大阪の区間で無線LANを提供しているのでそちらのほうを利用するといい。

名古屋

左がiPhone 5で、右がHTC J。さすがに名古屋ではLTEが普通に入るが、なぜか下りより上りの方が速いという結果に。WiMAXも入るがやや安定しない印象

京都

最も速かったのが京都におけるiPhoneで、最高で16.75Mbpsのダウンロード速度を記録した。HTC JのWiMAXもアップロード/ダウンロードとも安定して速い

新大阪

新大阪ならLTEが入りそうな気もするが、停車したホームの場所が悪かったのかiPhoneでは圏外になってしまった。HTC JのWiMAXは普通につながって、最大6.22Mbpsといい感じのスコアが出た

新神戸

相変わらずLTEはNG、WiMAXのみ入る状態。ただし、3Gで接続しているiPhoneのほうがダウンロード速度が速かったこともあった

西明石

新大阪以降、iPhoneのLTEは入らなくなってしまった。反対にHTC Jはダウンロードが最大7.85Mbpsと、WiMAXにおける最高記録を達成


 今回の結果をまとめると以下の表のようになる。新幹線の停車時間がまちまちで、後半は2回しか計測できなかったのでそのままの数値を載せている。LTEはつながれば高速だがまだエリアが狭いようだ。一方で、WiMAXは地方にいくと強い傾向にある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう