ニュース
» 2013年02月18日 16時00分 公開

「欲しいと思ったらコレしかない」は強い――オンリーワン系アイテムが続々古田雄介のアキバPickUp!(2/4 ページ)

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

全部入りの「Sound Blaster Z」最上位と、プレクのmSATA最大容量256Gモデルが登場!

 人気シリーズのハイエンドもいくつか登場している。特に話題を集めているのは、クリエイティブのサウンドカード「Sound Blaster ZXR」だ。価格は1万8000円弱から2万円弱となる。

 パッケージの構成は、同社製サウンドチップ「Sound Core3D」を積んだアナログ出力用のメインカードと、デジアナ対応の入出力用ドーターカード、机上で音量調節や接続機器の切り替えができるユニット「Audio Control Module」の3パーツ。なお、ドーターカードのない中位モデル「ZX」は2012年12月に、メインカードとステレオマイクのみの下位モデル「Z」は2012年10月に登場している。価格は順に1万6000円弱と1万3000円弱だ。

 入荷したドスパラ パーツ館は「下位モデルが登場した頃から最上位のウワサはあったので、今回の入荷を待っていた人は多いと思います。インプットもアウトプットでも最上級の環境が手に入るので、音にこだわる人にはうってつけのカードといえますね」とプッシュしていた。

クリエイティブ「Sound Blaster ZXR」と、ツートップ秋葉原本店のPOP

 ストレージ関連では、mSATA SSDが熱気を帯びている。先々週に登場したプレクスターの「M5M」シリーズに、最上位の256Gバイトモデル「PX-256M5M」が加わった。価格は2万円前後で、複数の店舗に並行輸入版が入荷している。SATA 3.0対応だ。

 PC DIY SHOP FreeTは「先々週の時点で256Gバイトモデルを待っている人が多かったですね。mSATAはNUC用のストレージとして買っていく人が多いのですが、ウチでは『128Gバイトが最低限、できれば256Gバイトを』という空気感も確かにあるんですよ。並行輸入品ですが、容量単価でみると悪くないので、サポート面は目をつぶって買っていく人は多そうです」と語る。

プレスクター「PX-256M5M」と、PC DIY SHOP FreeTのM5M価格表

関連キーワード

アキバ | 自作


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう