ニュース
» 2013年02月18日 16時00分 公開

「欲しいと思ったらコレしかない」は強い――オンリーワン系アイテムが続々古田雄介のアキバPickUp!(3/4 ページ)

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

TDP 100ワットまで対応する高さ3センチのCPUクーラー「ITX30」が話題に

Thermolab「ITX30」

 CPUクーラーはmini-ITXケースなどに載せやすい小型モデルがラインアップを増やしている。なかでも、Thermolabの「ITX30」は、コンパクトさと冷却性能の両面でハイエンドに近いと評価されている。価格は5000円弱だ。

 ITX30は高さ2センチの全銅製ヒートシンクの上に、厚み1センチの直径8センチクーラーを載せた構造で、TDP 100ワットのCPUまで対応する。ノイズレベルは最大27デシベル。重量は390グラムとなる。対応するソケットはLGA 1155/1156の2種類。

 サンプルが入荷した段階で高く評価するショップが多かった。TSUKUMO eX.は「昨年11月に同社の全高53ミリクーラー『LP53』が出たときから登場を待っていました。これだけコンパクトならほとんどのmini-ITXケースで使えますし、CPUもマザーが対応する最強クラスまで行けますからね。小型でハイエンドを目指したい人に最適でしょう」とほめちぎる。

 一方で、対応ソケットの幅の狭さを嘆く声もあった。PC DIY SHOP FreeTは「すごく高性能なだけに、AMD系もサポートしてほしかったですね。mini-ITX系はAMDのAPUを選ぶ人も多いので。アタッチメントの構造はシンプルなので、自己責任で何とかできるかもしれませんが・・・…」ともらしていた。

ITX30。ヒートパイプは2本走らせている(写真=左)。同社の「LP53」と並べたところ(写真=中央)。詳細なスペックが書き込まれたTSUKUMO eX.の値札(写真=右)

関連キーワード

アキバ | 自作


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう