PC USER Pro
ニュース
» 2013年09月03日 00時00分 公開

法人向け「Surface」登場、「Surface Pro」がビジネスに向く理由とは?発売前から引き合い500社以上(2/2 ページ)

[池田憲弘,ITmedia]
前のページへ 1|2       

Windows 8.1はビジネス向け機能も強化

photo Windows 8.1の新機能について説明した日本マイクロソフト 業務執行役員 Windows本部 本部長の藤本恭史氏

 記者説明会では、2013年10月17日に登場予定のWindows 8.1の機能も紹介された。日本マイクロソフト 業務執行役員 Windows本部 本部長の藤本恭史氏はWindows 8.1について「Windows 8の修正と新機能を盛り込んだ強化版のような位置づけ。より生産性が高い真のWindows 8を目指した」とアピールする。

 Windows 8.1では、Wi-Fi Miracastへの対応やVPNクライアントの実装といった新機能に加えて、スタートボタン(Start tip)を復活させるなど、ユーザーインタフェースを改善を徹底したという。「Windows 7と同じ使い勝手を望むユーザーが多く、違和感なくスタート画面に入れる工夫を施した」(藤本氏)。

 Windows RTについてもVPNクライアントを実装し、社内ネットワーク「ワークプレース」へのアクセス機能を追加する。デバイスの暗号化機能なども備えており、ビジネスユース向けの機能を大きく強化した。

photophotophoto Windows 8.1のビジネス向け新機能(写真=左)。Windows RT 8.1もビジネス向け機能を強化している(写真=中央)。Surfaceは企業向けWindows 8アプリを導入することにより、業務専用端末のようにも使えると藤本氏はアピール。POSシステムを支える周辺機器とBluetoothなどで接続できる(写真=右)

 会見の最後に樋口氏は「デバイスからサービスまでカバーすることで、多様化する企業のニーズに対応できる。パートナーの知見を統合し、マイクロソフトも一緒になってWindows搭載デバイスの普及を目指していく」と述べた。

 同社がSurfaceのライバルとしているiPadについては「市場を新しく開拓するときは、1つの企業が先頭に立って進めたほうが早いこともある。しかし、本当にタブレットを普及させるという段階になると数多くのデバイスを展開できる方が有利だ。Windowsにはそういった強みがある」とコメントした。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.