ニュース
» 2014年08月11日 12時00分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:“黒”の勢いを超えるか? 最大14.9ワット動作の極小ベア“白LIVA”が登場! (3/4)

[古田雄介&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

Cherryキーボードのカスタム幅、広がる――ラバーキートップや静音化ツールなどが登場

サイズ「Cherry MX軸対応 交換用キーキャップフルセット」

 Cherry軸を使ったメカニカルキーボード向けのカスタムパーツがにわかに数を増やしている。7月後半にはアユートから交換用アルミキートップ「KEY-AL10P」が登場したが、先週はサイズから複数のモデルが一斉に発売された。

 「Cherry MX軸対応 交換用キーキャップフルセット」は、英語104キー配列に対応したキートップを付属する製品で、黒と白タイプがある。どちらも表面用と刻印用の2色のABS樹脂で成型しており、長期間使っても刻印がすり減る心配がない。価格は3000円だ。

 パソコンハウス東映は「ストックとしてはありかなと思いますが、各社のCherry軸キーボードは個別にキーの形状を調整しているので、単発で交換すると高さがそろわなくなる不安があります。全取っ替えを念頭に置いて購入を検討するのがいいと思います」とアドバイスする。

サイズ「Cherry MX軸対応交換用キーキャップすべらないWASD」

 ピンポイントの交換を想定しているのは「Cherry MX軸対応交換用キーキャップすべらないWASD」だ。ゲームでよく使う[W][A][S][D]と矢印キーの8個をセットにしたラバーキートップで、家格は1300円弱となる。「プレイに必要なキーだけ感触が変わるということで、しっくりハマる人にはいいと思います」(BUY MORE秋葉原本店)という。

 「Cherry MX軸対応 静音化リング」という、既存のキートップと共存可能なアイテムもある。キーキャップ裏側の軸部分にはめるシリコンリングで、装着することで打鍵時の接触音を緩和して、タイプ時の騒音を軽減する。135個入りで価格は1300円弱だ。某ショップは「シリコンリングをはめると静音化するというのは、一部のユーザーの間で以前から語られていたところです。それが製品化したということで、試しやすくなったのはいいことですね。効果のほどは環境によりけりだと思いますけどね」と話していた。

サイズ「Cherry MX軸対応 静音化リング」(写真=左)。パソコンハウス東映は、主なCherry軸に静音リングをはめたデモ機を作成していた。左2列がノーマル、右2列が静音リングつきだ(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう