ニュース
» 2014年08月11日 12時00分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:“黒”の勢いを超えるか? 最大14.9ワット動作の極小ベア“白LIVA”が登場! (4/4)

[古田雄介&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

Kaveri初のA8&A6とフレーム独立型ミニケースがデビュー

 プロセッサーは、これまでA10シリーズしかなかったAMDの「Kaveri」に下位シリーズのA8/A6モデルが登場している。「A8-7600」と「A6-7400K」で、価格は順に1万2000円前後と9000円前後。

 A8-7600は4コアCPUにRadeon R7グラフィックスを搭載しており、動作クロックは3.1GHz(ターボコア最大3.8GHz)となる。A6-7400Kは2コアのクロック倍率可変タイプで、グラフィックスはRadeon R5。動作クロックは3.5GHz(ターボコア最大3.9GHz)だ。どちらもTDPは65ワット(cTDPは45ワット)で、Socket FM2+に対応する。

 特に注目されているのはA8-7600だ。パソコンショップ・アークは「A8-7600はDDR3-2133に対応している最安のプロセッサーになるんですよ。CPUパワーはそれなりで十分だけど、メモリは速さを追求したいという人には魅力的な選択肢になると思います」と解説する。

AMD「A8-7600」と「A6-7400K」(写真=左)。パソコンショップ・アークのSocket FM2+プロセッサー価格表(写真=右)

 PCケースの新製品の中で展示機が話題になっていたのは、ギガバイトのmini-ITXモデル「ESSENCE GZ-2SLEDT」だ。120ワット出力のACアダプタが付属して1万4000円弱となる。74(幅)×234(奥行き)×300(高さ)ミリのやや上向きに固定された形状で、内部のマザーボードフレームが丸ごと取り出せるユニークな仕様となっている。

 パソコンハウス東映は「マザーと2.5インチドライをフレームに固定したうえでケースの中にセットするという手順で組めます。面白い作りで、仕上がりも綺麗なので興味を持つ人はけっこういるかもと思います」と話していた。

ギガバイト「ESSENCE GZ-2SLEDT」

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう