ニュース
» 2017年06月12日 19時07分 公開

プレクから新型のM.2&PCIe型NVMe SSDが登場!古田雄介のアキバPickUp!(3/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

割り切り具合が高評価のRyzenマザー「ROG STRIX B350-F GAMING」が登場

 マザーボードはRyzen向けも注目を集めているモデルが登場している。ASUSTeKのATXモデル「ROG STRIX B350-F GAMING」で、ROG STRIXに属するゲーミング仕様ながら税込み1万7000円弱と価格を抑えているのがポイントだ。

 ROG STRIXらしく、Intel製ギガビットLANやイルミネーション機能「Aura Sync」、サウンド機能「ROG SupremeFX」などを搭載し、2本のPCIe x16スロットに補強材を入れるなど、付加価値を盛り込みながら、チップセットをB350とするなどして、価格のバランスをとっている。

 TSUKUMO eX.は「バリバリOCしたりもできますし、X370の拡張性が要らないという人にはかなりお買い得なマザーだと思います。Ryzen人気によりベンダーも戦略的なマザーを多く出すようになって、いい相乗効果が生まれていますよね」と絶賛していた。

ASUSTeK「ROG STRIX B350-F GAMING」

 同社からはX370のコスパモデルも登場している。税込み2万円前後の「PRIME X370-A」だ。イルミネーション機能は非搭載で、付加機能の搭載を控えめにしつつ、PCIスロットを2基用意するなどレガシーに配慮したデザインになっているものポイントだ。

 「古めのカードが使いたいという用途ならアリですかね。Ryzenはゲーム以外の目的でも注目されているので、あるいは人気がでるかも」(同店)

ASUSTeK「PRIME X370-A」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう