ニュース
» 2017年06月19日 13時47分 公開

マイニングの波がGTX 1060 3GBへ ショップは「複雑な思い」古田雄介のアキバPickUp!(3/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

税込み7000円切りのRyzenマザーがBIOSTARから登場!

 Ryzen対応マザーとしては最安となる、税込み7000円弱の製品がBIOSTARから登場している。A320チップセットを搭載した「A320MH PRO」で、サイズはmicro ATXとなる。PCIe x16スロットは1基で、M.2スロットは非搭載、DDR4スロットは2基とシンプルな仕様になっているが、USB 3.1(GEN1)ポートをヘッダーで1基備え、リアルテックのギガビットLANを積むなどのプラスαもみられる。

 パソコンSHOPアークは「Ryzenをコスパ重視で組みたいという人も少なからずいらっしゃるので、いい選択肢が出てきたんじゃないかと思います」と歓迎していた。

BIOSTAR「A320MH PRO」

 割安という意味では、サムスンの256GB micro SDXCカード「MB-MC256D/CN」も話題になっている。税込み価格は1万4000円前後だ。昨年10月に売り出された「EVO Plus MB-MC256D」(税込み1万9000円弱)と本体の仕様は同じだが、SDカードアダプタが同梱していない。

 テクノハウス東映は「SDカードアダプタは使い回せますし、それがないだけで5000円近く安くなるのならと注目されています」と話していた。

サムスン「EVO Plus MB-MC256D/CN」

SDカードアダプタつきの価格表

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.