レビュー
» 2017年07月19日 13時43分 公開

Core Xの性能は? Core i9-7900XとCore i7-7740Xを比較する(2/4 ページ)

[石川ひさよし,ITmedia]

X299チップセットとマザーボードをMSI「X299 SLI PLUS」でチェック

 Core Xシリーズ向けに用意されたIntel X299チップセットは、LGA 2066に対応するだけでなく、バススピードを8GT/sへと高速化し、チップセット側に接続されるPCI Expressのリビジョンも3.0へと引き上げられ、レーン数も24へと強化されている。

チップセット Intel X299 Intel X99
製造プロセス 32nm 22nm
バススピード 8GT/s 5GT/s
DMIバージョン DMI3 DMI2
TDP 6W 6.5W
PCI Expressリビジョン PCI Express 3.0 PCI Express 2.0
レーン数 24 8
USB 3.0 最大10ポート 最大6ポート
USB 2.0 最大14ポート 最大14ポート
SATA 3.0 最大8ポート 最大10ポート
対応ソケット LGA2066 LGA2011-v3

 今回はMSIのベーシックモデル「X299 SLI PLUS」を借りたので、こちらを用いてマザーボードの特徴を見ていこう。

MSI「X299 SLI PLUS」

 メモリスロットは、Intel X99と同様にCPUソケットの左右に4本づつ設けられている。DIMM A1/A2〜D1/D2までチャンネルが分かれているのも同様だ。ただし、Core i7-7740Xおよびi5-7640XのようにデュアルチャンネルまでのサポートとなるCPUを搭載する場合は、CPUソケットの右側、CとDのチャンネルに搭載することになる。ここが多少複雑なところだ。

従来のLGA 2011-v3系と同様、CPUソケットの左右に4スロットずつレイアウト

 続いてPCI Express拡張スロット。こちらもCPU直結のPCI Expressレーン数が3タイプに分かれるので、複雑なコンフィグレーションになっている。

製品 i9-7900X i7-7820X i7-7800X i7-7740X(set1) i7-7740X(set2) i5-7640X(set1) i5-7640X(set2)
CPU直結レーン数 44 28 28 16 16 16 16
PCIe_#1/CPU x16 x16 x16 x8 x8 x8 x8
PCIe_#2/PCH x1 x1 x1 x1 x1 x1 x1
PCIe_#3/PCH x4 x4 x4 x4 x4 x4 x4
PCIe_#4/CPU x16 x8 x8 x4 x8 x4 x8
PCIe_#5/PCH x1 x1 x1 x1 x1 x1 x1
PCIe_#6/CPU x8 x4 x4 x4 - x4 -

 グラフィックスカードのみで考えると、2本のx16レーンスロットが利用できるのは44レーンを備えるCore i9-7900Xのみだ。28レーンのCore i7-7820Xおよび7800Xの場合は、x16レーン+x8レーンの組み合わせになる。16レーンのみのCore i7-7740Xおよびi5-7640Xは、x8レーン×2本。なお、CPUソケット側から数えて1番目、4番目、6番目のスロットがCPU直結レーンで、そのほかはチップセットに接続されたレーンを用いている。

従来同様、搭載するCPUによってPCI Expressスロットの使用できるレーン数が変わる

 ストレージも、M.2スロットが搭載されて以降、同様に複雑な排他の関係があるので注意したい。U.2ポートは、PCI Express #3と排他の関係にある。次にM.2 #1をSATAモードで利用する場合はSerial ATA #1と排他の関係になる。M.2 #2はSATAモード時はSerial ATA #5と、PCI Express x4接続時はSerial ATA #5〜8が排他だ。ただし、Intel X270チップセットよりはレーン数に余裕があるぶん、X299のほうが分かりやすいように思う。また、どうやらSerial ATA #5〜8は、チップセット側のPCI Express x4にぶら下がっているようだ。Serial ATA #2〜4はどの状態でも利用できるという点も分かりやすい。

排他利用となる点には注意。最新のインタフェースにネイティブで対応できる点は強みと言える

 X299 SLI PLUSについては、Gamingシリーズのような派手さがなく、ブラック基調で落ち着いた印象がある。Mystic Lightは搭載しているが、それも控え目だ。その上で、4〜5万円台が中心帯のIntel X299マザーボードの中で、X299 SLI PLUSは3万円台半ばと、アップグレードコストを抑えられるところが魅力だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう