ニュース
» 2018年01月29日 14時19分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:「2017年の比じゃない」――複合要因でグラフィックスカードの品薄が深刻に (3/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

伝説のマウス「IE3.0」に11年ぶりの後継機!

 入力デバイスで話題になっているのは、日本マイクロソフトの有線マウス「ClassicIntelliMouse」だ。税込み5000円弱で多くのショップが取り扱いを始めている。

パソコンSHOPアークに入荷した「ClassicIntelliMouse」

 ClassicIntelliMouseは、同社「IntelliMouse Explorer 3.0(IE3.0)」をベースとして、センサーに最大3200dpiのBlueTrackを採用するなどの改良を加えている。

 IE3.0は2002年に元祖モデルが発売され、パソコンユーザーの間で定番となった往年の大ヒットマウスだ。それからしばらくは流通が途絶えたが、2006年8月に海外で復刻版が登場し、国内でも2007年1月から正規版が出回るようになった

 2010年に生産終了となってからも、ダーマポイントの「DRTCM37/38」やBenQのZOWIE「EC」シリーズなど、IE3.0のフォロワーと呼べるようなマウスが支持を集めるなど、影響力を保ってきた。

2007年1月に登場した「IntelliMouse Explorer 3.0(復刻版)」

2012年12月に登場した、ダーマポイントの「DRTCM37/38」

 その本流が11年ぶりの新作として登場したというわけで、各ショップで早速ヒットを飛ばしていた。パソコンSHOPアークは「2010年に生産終了したときはストックを探し回る人もいたくらいの製品ですからね。かつてのユーザーさんで『とりあえず買っておこう』という方も多いみたいで、かなりの勢いで売れています」と話していた。

 なお、同じタイミングでZOWIE ECシリーズの新作マウス「EC1-B/EC2-B」が登場している。FPSゲーム「Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)」とのコラボカラーも同時発売しており、税込み価格はいずれも9000円前後となっている。

BenQ ZOWIE「EC1-B/EC2-B」のCS:GOコラボモデル

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう