ニュース
» 2018年10月31日 00時27分 公開

Retinaディスプレイを採用した新型「MacBook Air」 1199ドルで11月7日に発売

待望のRetinaディスプレイ(2560×1600ピクセル)を採用。より小さく、薄いボディーになった。

[ITmedia]

 10月30日(日本時間)、Appleはニューヨーク・ブルックリンでスペシャルイベントを開催した。最初に紹介された新製品は、13.3型液晶ディスプレイを搭載するノート型Mac「MacBook Air」の新モデルだ。

新型「MacBook Air」とティム・クックCEO

 待望のRetinaディスプレイを採用したのが最大の特徴。13.3型ディスプレイは2560×1600ピクセル表示に対応し、発色も48%向上、視野角も広くなった。また、旧MacBook Airのベゼル(シルバーの部分)がなくなったことでボディーを小型化、旧モデルに比べてフットプリントが約17%削減されている。さらに重量は約1.25kg(2.75pound)と軽量化した。

2560×1600ピクセル表示に対応
旧モデルに比べてフットプリントを17%削減

 CPUは1.6GHz(最大3.6GHz)動作の第8世代Core i5を採用、8GBメモリ(最大16GB)と128GB SSD(最大1.5TB)を搭載する。この他、ディスプレイ上部にFaceTime HDカメラ、キーボードにTouch IDも内蔵。これらはT2セキュリティチップで制御され、セキュアブートやデータ暗号化、Hey Siri、Apple Payにも対応する。

キーボード最上段の右にTouch IDを内蔵
Apple Payで買い物がはかどる

 キーボードは第3世代バタフライキーボードを採用し、耐久性をさらに向上。バックライトも内蔵する。また、タッチパッドの入力域は旧モデルに比べて20%広くなり、感圧タッチをサポート。インタフェースは左側面にThunderbolt 3ポートを2基搭載。各種映像出力が利用できる他、5Kディスプレイや外付けGPUボックスも接続できる。バッテリー駆動時間は動画再生で約13時間(無線を使ったWebブラウズで約12時間)。

第3世代バタフライキーボードを採用
耐久性がさらに向上したという
左側面にThunderbolt 3(USB Type-C)を2基搭載

 カラーバリエーションは3色。1199ドルで同日より予約を受け付け、11月7日に発売する。

カラーバリエーションはゴールド、シルバー、スペースグレイの3色
ちなみにアルミユニボディーは、100%リサイクルのアルミが使われている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう