ニュース
» 2019年01月21日 12時14分 公開

Windows 7サポート終了まで1年を切るもアキバが無風な理由古田雄介のアキバPickUp!(3/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

GeForce RTX 2060カードが続々! でも「ミドルクラス……?」

 前回お伝えした通り、1月15日以降、NVIDIAの新GPU「GeForce RTX 2060」を搭載したグラフィックスカードが各社から一斉に売り出された。税込み価格は4万円台後半から5万円台が中心。ただし、イルミネーション機能搭載のバックプレートや3連ファンなどを搭載したASUSTeK「ROG-STRIX-RTX2060-O6G-GAMING」は税込み6万5000円前後で販売されている。

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店に並ぶRTX 2060の値札
TSUKUMO eX.に入荷したASUSTeK「ROG-STRIX-RTX2060-O6G-GAMING」

 各ショップが十分なラインアップをそろえているが、売れ行きについては「様子見感が強い」といったコメントが多いのが現状だ。ドスパラ秋葉原本店は「パフォーマンスとしてはGTX 1070と同等かそれ以上といわれているので、注目している人は少なくないと思います。ただ、お値段の面で動向を見守っている向きがありますね」と話していた。

 別のショップからは「だいたい5万円前後で、なかには6万円超えのカードまであるってなると、本当にミドルレンジ? と言いたくなります。GTX 1060の後継と呼ぶにはちょっと抵抗があるというか……」との声も。

 そうした背景も手伝ってGTX 1060カードの特価が盛り上がっているのは、週末特価レポートに書いた通りだ。「価格が落ち着くのを待つにしても、ドルベースで4万円を切るのは厳しいですから。もう1つ下のクラスの登場を待つか……悩ましいところです」(パソコン工房 秋葉原BUYMORE店)

早朝販売のPOPには「ミドルクラス」の文字が

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10