連載
» 2019年01月25日 12時20分 公開

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:Echo Plusが外部スピーカーになる音声入力機能を試す (1/2)

スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は第2世代「Echo Plus」にのみ搭載されている、オーディオケーブルを使った外部デバイスからの音声入力機能を試してみた。

[山口真弘,ITmedia]

 Amazonのスマートスピーカー「Echo」シリーズを所有している人であれば、背面に3.5mmのステレオジャックがあることはご存知だろう。これは外部スピーカーへの音声出力を行うためのものだ。スピーカーにスピーカーを接続するというのは考えてみればおかしな話だが、Echo Plusよりさらに音質のよいスピーカーで音楽を聴くため、という意図らしい。

 2018年秋に発売された第2世代Echo Plusも、例に漏れずこの3.5mmステレオジャックを備えているが、実はこれまでのEchoファミリーの端子にはない機能がある。それは出力だけではなく、入力にも対応していることだ。

 つまり外部スピーカーに音声を出力できるだけでなく、外部のオーディオ機器、例えばスマートフォンなどとオーディオケーブルで接続し、本製品のスピーカーからスマホの音楽を再生できるのだ。3.5mmステレオジャックに対応さえしていれば、スマホに限らず、各種音楽プレーヤーやTVに至るまで、さまざまな機器の外部スピーカーとして使えてしまう。

 筆者の知る限り、この機能は全くフィーチャーされておらず、使い方を紹介するトピックなども目にしたことがないが、使い方によっては意外と重宝するはず。今回は、第2世代Echo Plusの製品ページにもあまり詳しく書かれていないこの機能について、どのような挙動なのかを調べてみた。

Echo Plus スマートフォンなどとオーディオケーブルで直接接続し、Echo Plusから音楽などを再生できる音声入力機能
Echo Plus 第2世代Echo Plusの背面にある3.5mmステレオジャック。過去のモデルは出力専用だったが、第2世代Echo Plusでは入力にも対応している

Echo Plusが外部機器のスピーカーになる

 このEcho Plusを外部スピーカーとして利用するにあたっては、Alexaアプリで「AUXケーブル接続」を開いて、「ライン入力」をオンにする。続いて、外部のオーディオ機器、例えばスマホなどをオーディオケーブルで接続する。以上の作業によって、スマホで再生した音楽を本製品で再生できるようになる。

 これまでも、Bluetoothを用いることでスマホなどから本製品に音楽を出力することはできたが、EchoシリーズのBluetoothといえば不用意なタイミングで接続または切断されることが多い。また、そもそもBluetoothが搭載されていない機器とは接続自体が行えない。

 本製品のこの機能を使えば、Bluetoothを搭載していない機器からも、本製品へと音声出力が行える。ケーブルを物理的に抜き差しするので、接続も単純明快だ。昨今のスマホではオーディオジャックの廃止が進んでいることを考えると、スマホなどよりもむしろ、レガシーデバイス向けの機能といえるかもしれない。

Echo PlusEcho Plus まずはAlexaアプリで「AUXケーブル接続」を開く(画像=左)。「ライン入力」をオンにする。設定はこれだけで済む(画像=右)
Echo Plus 第2世代Echo Plusの背面下部にある3.5mmステレオジャックと、音声を出力したいデバイスをケーブルで接続すればよい
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう