ニュース
» 2019年02月19日 18時10分 公開

GPD Pocket 2の低価格モデルがメモリ倍増、3月発売

GPD Technologyの超小型ノートPC「GPD Pocket2」の下位モデル「GPD Pocket2 Amber Black」にバリエーションモデルが追加される。具体的には、メモリが4GBから8GBに増加した。

[田中宏昌,ITmedia]

 GPD Technologyの7型ノートPC「GPD Pocket2」の下位モデル「GPD Pocket2 Amber Black」に、8GBのメモリを備えたモデルが登場する。すでにクラウドファンディングサイト「Indiegogo」のページでは受付が始まっており、出荷予定は3月、価格は540ドル(通常は619ドル)からとなっている。

 新たに販売されるモデルは、メモリが従来の4GBから上位モデルと同じ8GBに変更されたもの。その他の仕様に変更はなく、CPUは2コア2スレッドのCeleron 3965Y(1.5GHz)、128GB(eMMC)のストレージ、7型でタッチ操作に対応した1920×1200ピクセル表示(323PPI)の液晶ディスプレイ、約510gの重量、64ビット版Windows 10 HomeのOSといった仕様を継承している。

GPD Pocket2 8GB メモリを8GBに倍増させたブラックボディーの「GPD Pocket2 Amber Black(8GB)」

 CPUに2コア4スレッドのCore m3-8100Y(1.1GHz〜3.4GHz)を搭載した上位モデルは673ドル〜となっており、価格差が縮まった格好だ。なお、現行の4GBモデルを扱っているリンクスインターナショナルでは、8GBモデルの扱いについて「検討中」とのことだった。

GPD Pocket2 8GB 「GPD Pocket2 Amber Black」のキーボード

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう