プロナビ
ニュース
» 2019年02月19日 18時24分 公開

「7年間無償保証」でシェア拡大へ OKIがA3カラーLEDプリンタ「COREFIDO EX」を投入

OKIデータがA3カラーLEDプリンタ「COREFIDO EX」シリーズを発表。「COREFIDO」10年の集大成として投入される新モデルは、7年間無償保証・メンテナンス品7年間無償提供を実現した。

[ITmedia]

 OKIデータは2月19日、A3カラーLEDプリンタ「COREFIDO EX」シリーズを発表、2月末から出荷を開始する。価格は税込19万2240円から。

 これまでCOREFIDOシリーズで提供してきた5年間無償保証・メンテナンス品5年間無償提供を7年間に延長し、同社の強みである信頼性の高さをさらに追求、従来のオフィス市場に加えて特定用途向け(文教、医療、製造など)の販売を拡大するのが狙い。販売目標は年間1万5000台、15%の市場シェアを目指す。

COREFIDO EX

 COREFIDO EXの「EX」は、Extend(拡張する、延長する)からとったもの。その名の通り、各種保証を7年間に延長したことに加えて、40カ所を超える機能向上・改善を図ったという。具体的には、定着器を中心とした新技術の採用と搬送部分の部材変更し、ウォームアップ時間の短縮や100万ページの耐久性を実現した他、薬袋など特定用途向けの特殊用紙に対応するなど用紙対応力を向上している。

7年間無償保証と7年間メンテナンス品無償提供によりコストを大幅に削減可能。一般的なプリンタとの保守費を比較すると約30万円の削減になるという
ウォームアップタイムを約27秒から約9.9秒に短縮。消費電力も大幅に削減した(写真=左)。小売店や医療機関で使用の多い特殊な用紙への対応力もアップした(写真=右)

 「ビジネスを効率よく、ストップさせないために信頼性の高い商品を開発してきた。オフィス市場だけでなく、さらに高い生産性を求められるインダストリー市場でも拡大してきたい」(同社)

ラインアップは3モデル。トレイを付属したモデルや1200dpiのLEDヘッダを搭載したモデルもある

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう