ニュース
» 2019年02月28日 13時00分 公開

PCMark 10にバッテリー駆動時間やMicrosoft Officeのテストが追加

UL Bebenchmarksが、統合ベンチマークテスト「PCMark 10」のアップデートを予告。今後、「Battery Life benchmark」と「Applications benchmark」の2つが実装される見込みだ。

[田中宏昌,ITmedia]

 UL Bebenchmarksは2月25日(現地時間)、統合ベンチマークテスト「PCMark 10」を近日中にアップデートし、「Battery Life benchmark」と「Applications benchmark」を追加すると発表した。

PCMark 10 PCMark 10に追加される「Battery Life benchmark」

 Battery Life benchmarkは、ノートPCにおける4つの使用例(Officeアプリケーション作業、動画試聴、ゲーム、アイドル時間)でのバッテリー駆動時間を計測するもので、Applications benchmarkはMicrosoftのOfficeスイート(Word、Excel、PowerPointおよびEdge)を使ったときの性能とバッテリー駆動時間を算出する。

 提供時期はBattery Lifeが3月末日、Applications benchmarkは2019年上半期中の見込みだ。なお後者は、QualcommのSoCを採用した「Always Connected PC」(x86ベース)でも実行可能とのこと。

PCMark 10 2019年上半期中に登場予定の「Applications benchmark」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう