ニュース
» 2019年03月07日 14時12分 公開

エイサー、メンテも容易なモジュラーデザインを採用したWindows Mixed Realityヘッドセット

日本エイサーは、光学部分の取り外しが可能なモジュラーデザインを採用するWindows Mixed Realityヘッドセット「Acer OJO 500」を発表した。

[ITmedia]

 日本エイサーは3月7日、光学部分の取り外しに対応したWindows Mixed Realityヘッドセット「Acer OJO 500 Windows Mixed Reality ヘッドセット」を発表、3月15日に販売を開始する。予想実売価格は5万5000円前後(税別)。

photo Acer OJO 500 Windows Mixed Reality ヘッドセット

 解像度2880×1440ピクセル(単眼1440×1440ピクセル)、60Hz/90Hz表示に対応するWindows Mixed Realityヘッドセット。独自機構として光学部分の取り外しが可能なモジュラーデザインを採用しており、コンパクトに収納できる。またヘッドセット装着状態でも外部の音を聞き取れるインテグレーテッドオーディオシステム「Sound Pipe」を採用しているのも特徴だ。

photo

 ヘッドストラップはハードタイプとソフトタイプの2種類を付属。後頭部側に大型パッドを採用したことで、安定した装着が可能だ。ヘッドセット本体に加えモーションコントローラー2基、非密閉型イヤフォンなども付属する。

photo

関連キーワード

ヘッドセット | Acer | Windows Mixed Reality


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう