ニュース
» 2019年03月12日 06時00分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:家庭の環境がボトルネック? 定格1800Wの力を持つ電源ユニットが話題に (1/4)

AC入力電圧220〜240V環境下で定格1800W(ピーク1900W)出力が可能なATX電源ユニットが登場し、「国内でフル性能を引き出すのは至難」と評判になっている。他にも先週はハイエンドな新製品が目立っていた。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

 先週のアキバで異彩を放っていたのは、ENERMAXのATX電源ユニット「MAXREVO 1800」だ。税込み価格は5万3000円弱となる。

 AC入力電圧220〜240V環境下で定格1800W(ピーク1900W)、115〜240V環境下で定格1600W(ピーク1700W)となる高出力仕様が特徴。80PLUS GOLD認証に加え、230V環境での高変換効率を保証する「80PLUS GOLD 230V EU」認証も取得している。フルプラグイン仕様で、本体の奥行きは180mm。135mmの内蔵ファンを最大3100rpmで回転させる「ターボクーリングモード」も備えている。

ENERMAX「MAXREVO 1800」

 なお、国内の家庭で一般的な100V環境下では定格1500W動作となる。付属のACアダプターは240V環境まで対応できるので、給電環境次第で定格出力が1500Wから1800Wまで変化するとみることも可能だ。

USBクーリングファンを付属した限定パッケージはサイズが大きくなっている

 入荷したドスパラ秋葉原本店は「家庭の給電環境がボトルネックになるというところまで来てしまったモデルですね。日本でフル性能を使うのは至難の業かも。ただ、そこまでの高出力に耐えるタフな電源が使えると考えると魅力的かもしれません。過去には税込み11万円弱の電源ユニットもありましたし、それを考えると価格も案外それなりですしね。パッケージは大きいですが、本体サイズが普通なのもプラスでしょう」と評価していた。

 ちなみに、“税込み11万円弱の電源ユニット”とは、2017年4月末に登場したクーラーマスターの1200Wモデル「MasterWatt Maker 1200 MIJ」を指す。フルプラグインの80 PLUS TITANIUM認証モデルで、奥行きは224mmだ。

 既に生産終了しているが、当時は一部のショップで予約が殺到。オリオスペックは「数十万円のハイエンド構成が吹っ飛ぶことを考えれば、電源は妥協しないというのも理解できます」と話していた。MAXREVO 1800もそうした需要に支えられる期待がかけられている様子だ。

2017年5月のドスパラ パーツ館。「MasterWatt Maker 1200 MIJ」のPOPが貼られていた
当時、オリオスペックに入荷した「MasterWatt Maker 1200 MIJ」。こちらのパッケージも破格だった
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう