ニュース
» 2019年03月13日 13時00分 公開

超小型PC「OneMix」シリーズが国内市場に参入

3月13日、テックワンが超小型ノートPCを手がけるOne-Netbook Technologyと国内代理店契約を締結したと発表。2019年春に日本市場向けの「OneMix2S」をリリースする見込みだ。

[田中宏昌,ITmedia]

 テックワンが3月13日、超小型ノートPCを手がけるOne-Netbook Technologyと国内代理店契約を締結したと発表。2019年春に日本市場向けの「OneMix」シリーズをリリースする予定だ。

 テックワンによると「日本の各種認証を取得した日本オリジナルパッケージを販売し、ネットショップや全国の家電量販店の販路を担当します。サポートに関しては、顧客サービスと品質向上に努め、One-Netbook社の保証ポリシーに基づいた製品保証を国内で提供します」としている。第1弾は「OneMix2S」(日本での型番は「ONEMIX2SJ-S2」)で、すでにティーザーサイトが公開済みだ。

OneMix タッチ操作に対応した7型液晶ディスプレイを備えた「OneMix 2S」

 OneMix2Sのスペックは、CPUが2コア4スレッドのCore m3-8100Y(1.1GHz/最大3.4GHz)、メモリは8GB、SSDは256GB、タッチ操作に対応した1920×1200ピクセル表示の7型液晶ディスプレイ、OSはWindows 10 Homeという構成だ。重量は約515g、ボディーサイズは182(幅)×110(奥行き)×17(厚さ)mm、バッテリー容量は6500mAhでバッテリー駆動時間は約8〜10時間となっている。

OneMix ペン操作も可能だが、ペンは別売だ
OneMix Windows Helloに対応した指紋認証センサーを装備する
OneMix ティーザーサイトのイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう