ニュース
» 2019年03月14日 12時00分 公開

MacとiPadの無金利残価設定クレジットサービスをビックカメラ.comでも提供開始 MacBook Proが月々3000円から

3月14日、ビックカメラは同社の通販サイト「ビックカメラ.com」において「Macアップグレードプログラム+」と「iPadアップグレードプログラム」の提供を開始した。従来は店頭での受付のみだったサービスだ。

[田中宏昌,ITmedia]

 ビックカメラは3月14日、同社の通販サイト「ビックカメラ.com」において、従来は店頭での受付のみだった「Macアップグレードプログラム+」と「iPadアップグレードプログラム」の提供を開始した。

 本プログラムは、AppleのMac本体やiPad本体を対象とした無金利かつ残価設定クレジットで、ビックカメラでは2017年2月からサービスの提供を行っている。

 商品購入時の本体価格から、2年後(Macの場合は2年版と4年版がある)のローン終了時の推定買い取り額(据置額)を事前に差し引いた金額で分割払いできるというもので、同社では「初期費用や、月々のお支払い金額を抑えることができます。また、延長保証(「AppleCare+ for Mac」、「AppleCare+ for iPad」)をセットにしたプログラムで、MacやiPadを初めて購入される方にも安心してご利用いただけます」とアピールしている。

ビックカメラ 「Macアップグレードプログラム+」のページ
ビックカメラ 「iPadアップグレードプログラム」のページ

 本サービスを受けるには、ビックカメラ.comの会員である必要があり、対象製品はビックカメラ指定のMac本体(新品)とiPad本体(新品)、支払い回数は24回の分割払い+据置払い1回を設定(金利手数料は無料)、推定買い取り額(据置額)はMac本体価格の約35%/iPad本体価格の約30%(一部異なる場合もある)となっている。

 購入してから2年後に、ビックカメラグループ店内の買い取りカウンターへ下取りに出すか、前述の据置額(推定買い取り額)を支払って使い続けるか、そのときの最新モデルにアップグレードするかなどの選択肢が用意されている。

 Webページでのシミュレーションも行えるので、じっくりと検討した上で購入できる他、各種キャンペーンも展開中だ。

ビックカメラ 負担金額のイメージ(ビックカメラ.comより)
ビックカメラ 支払いイメージ(ビックカメラ.comより)
ビックカメラ プログラムの支払いおよび2年後のイメージ(ビックカメラ.comより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう