PC USER Pro
レビュー
» 2019年06月27日 05時30分 公開

6コア12スレッドCPU搭載! 4K液晶やUHD BDドライブ内蔵にフルモデルチェンジした「VAIO S15」を試す (1/4)

VAIOの15.6型オールインワンノートPC「VAIO S15」が、待望のフルモデルチェンジを果たした。4K液晶やUHD BDドライブを内蔵した最上位モデルをチェックし、大幅に変更された内容を見ていこう。

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]

 「VAIO S15」は、15.6型の大画面ディスプレイ、最大6コア12スレッドの高性能CPU、そして光学ドライブを搭載するオールインワン仕様のメインストリーム向けノートPCだ。

 2019年の春モデルでは、ボディーのデザイン、内部仕様ともに一新し、フルモデルチェンジを果たしている。今回、評価機としてハイスペック仕様の直販モデルを入手した。性能や使い勝手を検証しよう。

VAIO S15 VAIO S15は15.6型液晶ディスプレイを搭載したオールインワン仕様のメインストリーム向けノートPCだ。2019年春モデルでフルモデルチェンジを果たした

スリムでシャープになったボディー

 ボディーのデザインは、13.3型のVAIO S13や11.6型のVAIO S11と共通のデザインイメージを採用する。従来モデルに比べるとグッとスリムになり、シャープなフォルムとなった。

 具体的なサイズは、361.4(幅)×254.3(奥行き)×22〜26(幅)mm、重量は約2.25kgだ。モバイル向きではないが、家庭内での移動、会議室やカフェなどオフィスのデスク以外で使いたい場合に気軽に持ち運びやすいサイズになっている。

VAIO S15 従来の丸みを帯びたフォルムから一転してシャープになった。VAIO S13をそのまま大きくしたような見た目となっている。ボディーカラーはシルバーも選択可能だ
VAIO S15 底面もゴム足を除けばフラットだ

さまざまなインタフェースを網羅

 比較的スリムなスリムなボディーながら、インタフェースは充実している。Thunderbolt 3対応のUSB Type-Cポートを装備する他、Type-AのUSB 3.0を3基搭載し、さらにビジネス用途で需要の高い有線LAN、アナログRGB出力(D-Sub15ピン)も装備する。前面にSDメモリーカードスロット(UHS-I対応)、液晶ディスプレイ上部に92万画素のWebカメラも搭載している。

 ACアダプターは90W仕様で、実測サイズは63(幅)×140(奥行き)×25(厚さ)mm、ケーブル込みの重量は約357gだった。比較的スリムで軽量なため出張などに持っていく際もあまりかさばらない。

 なお、Thunderbolt 3端子はUSB PDには非対応だ。電源仕様的に仕方がないところではある

VAIO S15 前面にSDメモリーカードスロット(SDXC、UHS-I対応)を搭載する
VAIO S15 背面に端子はなくすっきりとした見た目だ
VAIO S15 左側面。手前から、ヘッドフォン/マイク兼用、Thunderbolt 3、USB 3.0、HDMI 1.4、アナログRGB出力(D-Sub15ピン)、有線LAN、排気口の奥にDC入力(ACアダプター)がある
VAIO S15 右側面手前に2基のUSB 3.0端子を備える。奥側に光学ドライブを搭載。一番奥には盗難防止ワイヤーを接続するためのセキュリティロック・ポートも装備している
VAIO S15 ACアダプターは90W仕様で、電源端子は独自形状だ
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう