連載
» 2019年07月05日 08時00分 公開

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:Amazonの格安タブレット「Fire 7」でAlexaハンズフリーモードを試す (2/4)

[山口真弘,ITmedia]

一通りの機能は問題ないが画面反転のスキルも?

 Alexaハンズフリーモードを使うためには、設定画面からAlexaを有効にした後、ハンズフリーにチェックを入れる。これらはセットアップの時点でも選択画面が表示されるので、そこで有効にする形でも構わない。

 この他、ホーム画面で画面を上から下にスワイプしたときに表示されるクイック設定画面に「Alexaハンズフリー」のアイコンが表示される。一時的にオフにしたい場合は、わざわざ設定画面を開かなくとも、ここから切り替えるだけで済む。

Amazon Fire 7 設定画面の中にある「Alexa」をタップして開く
Amazon Fire 7 「Alexa」および「ハンズフリーモード」をオンにして利用する。他にAlexaデバイスを使っている場合、ESPをオンにすると至近距離の端末が優先的に応答するようになる
Amazon Fire 7 ハンズフリーモードを一時的にオフにするには、画面を上から下にスワイプすると表示されるクイック設定画面のアイコンを利用するとよい

 さて、Alexaを起動するには、このハンズフリーモードを有効にした状態で「アレクサ」と呼びかけるだけでよい。Echoでおなじみのブルーの帯が点灯し、音声コマンドを聞き取って適切な反応をしてくれる。

 あらゆる機能を試したわけではないが、筆者が普段使っている機能については、問題なく利用できた。具体的には、天気予報の表示、タイマー、音楽再生、ニュース表示、外部スマートリモコンと連携しての家電製品の操作などだ。

Amazon Fire 7 ロック状態の画面
Amazon Fire 7 「アレクサ」と呼びかけると、Echoでお目にかかるブルーの帯が点灯する。同時に応答音も鳴るので、その段階で話し掛けよう
Amazon Fire 7 天気予報の表示。後述するShowモードに比べると情報の密度はやや高めだ
Amazon Fire 7 タイマーの画面。音声での設定およびストップに対応する
Amazon Fire 7 Amazon Musicでの音楽再生。歌詞表示にも対応している
Amazon Fire 7 ニュース表示。画面付きであることを生かし、NHKの動画ニュースが再生できる

 ただし機能やスキルによっては、天地が逆向きに表示される場合があった。本製品は純正のスタンド兼用カバーを使うと、電源ボタンが右下に来る配置になるのだが、どうやらこの向きでの利用が想定されていないようで、カレンダーの他、クックパッドのスキルなども天地がひっくり返った状態で表示された。

 サードパーティー製のカバーならまだしも、純正カバーだけにいずれ修正されるだろうが、こうしたスキルが他にも存在する可能性はありそうだ。

Amazon Fire 7 カレンダーは天地の向きが固定されているようで、純正カバーを組み合わせた状態では天地が逆に表示された

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう