ニュース
» 2019年07月16日 11時50分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:Ryzen 3000時代に台頭するAORUSブランド (1/4)

AMDのRyzen 3000シリーズの好調が続き、アキバではパーツの一式買いが活発化している。その中でギガバイトのAORUSブランドの存在感が増しているという。先週はRyzen 7 3800XやGeForce RTX SUPERシリーズもデビューした。

[古田雄介,ITmedia]

 AMDのRyzen 3000シリーズと、X570チップセット搭載マザーボードの売れ行きは発売以来好調を維持しており、パーツを一式購入するユーザーが明らかに増えたと複数のショップで耳にする。そのような中で、ギガバイトから最上位のX570マザーが登場した。

9万5000円のファンレスX570マザー「X570 AORUS XTREME」登場!

 E-ATXモデル「X570 AORUS XTREME」で、価格は9万5000円強(税込み、以下同)。16フェーズの電源回路を採用するハイエンド仕様ながら、冷却システム「Thermal Reactive Armor」によって効率的な放熱を実現し、水冷に頼らないファンレス設計としているところがポイントだ。3基のM.2(PCIe 4.0)スロットも全てヒートシンクで覆う作りとなっている。その他、2基のUSB 3.1 Gen2端子や、AQUANTIA製の10GbE LANなども備える。

 オリオスペックは「CPUクーラーやケース内のエアフローで排熱できる設計になっていて、しっかり工夫されている印象です」と評価していた。また、別のショップからは「最近好調なAORUSブランドを象徴するマザーになったらいいかも」という声も。

ギガバイト「X570 AORUS XTREME」

 AORUSブランドの存在感が増しているという話は、第3世代Ryzenが登場する前後から複数のショップで耳にするようになっている。

 TSUKUMO eX.は「AORUSブランドはPCIe 4.0対応M.2 SSDの投入も早かったですし、Radeon RX 5700 XT/5700カードもコスパの高さが評価されて好調です。最近は自作PC全体でブランドをそろえたい心理が高まっていることもあって、AORUS全体の求心力が上昇しているのを感じますね」と話していた。

 なお、Intel系でも注目のAORUSマザーが動き出している。28コア56スレッドのCPU「Xeon W-3175X」が載せられるLGA3647対応のE-ATXモデル「C621 AORUS XTREME」の受注販売がオリオスペックでスタートした。価格は21万4704円で、納期は「1カ月程度をみてほしい」とのこと。

 同様のモンスターマザーボードは、2019年3月にASUSTeKから「ROG Dominus Extreme」が登場している。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう