ニュース
» 2019年07月30日 15時56分 公開

EIZO、macOS Catalinaの導入によって旧製品で“ColorNavigator”が利用不可に

EIZOは、2019年秋にリリース予定の「macOS Catalina(10.15)」環境での「ColorNavigator」対応状況を告知した。

[ITmedia]
photo

 EIZOは7月30日、2019年秋にリリース予定の「macOS Catalina(10.15)」環境での「ColorNavigator」対応状況を告知した。

 次期macOSとなるmacOS Catalinaで32bitアプリケーションが動作しなくなることに伴い、ソフトウェア「ColorNavigator」シリーズの旧バージョンが動作しなくなる他、32bitドライバで動作するハードウェア製品についても「ColorNavigator」の利用ができなくなるとしている。

 今回の告知では、該当製品の利用に当たってはmacOS Catalinaへのアップデートを控える、または対応品への買い替えを促している。

 macOS Catalinaへの対応状況は以下の通り。

カテゴリー 製品名 動作状況
ソフトウェア ColorNavigator 6、ColorNavigator NX 32bitアプリケーションのため動作不可
ColorEdge CG210、CG211、CG220、CG221、CG222W、CG223W、CG232W、CG241W、CG242W、CG243W、CG243W-B、CG301W、CG303W ColorNavigator 7が非対応
キャリブレーションセンサー EIZO CX1、EX1、EX2 32bitドライバで動作するため使用不可
DataColor Spyder3、Spyder4
※初出時、表の表記に誤りがありました。おわびして訂正いたします(2019年7月31日17時58分)。

関連キーワード

macOS | EIZO | ColorEdge


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう