ニュース
» 2019年12月25日 15時25分 公開

恵安、4K HDR対応の31.5型ワイド液晶「KWIN-4K32BH」を発売

恵安が、4K HDRに対応する31.5型ワイド液晶ディスプレイ「KWIN-4K32BH」を12月28日に発売する。価格はオープン。背面にイルミネーションリングを備える。

[金子麟太郎,ITmedia]

 恵安が、4K HDRに対応する31.5型ワイド液晶ディスプレイ「KWIN-4K32BH」を12月28日に発売する。価格はオープン。

Keian 4K HDRに対応する31.5型ワイド液晶ディスプレイ「KWIN-4K32BH」

 本製品は、4K(3840×2160ピクセル)の画面解像度で表示可能な10bitカラーのVAパネルを採用。約10億色の色を表現できるため、緻密かつ表現豊かな映像を表示するという。また、HDRにも対応し明暗の幅の広い映像表現を可能としている。

 インタフェースはHDMI 2.0×2、DisplayPort、3.5mmのミニジャック(音声出力)で、3W+3Wのステレオスピーカーを内蔵する。応答速度は中間色で9.5ms(最短8ms)、輝度が300カンデラ、コントラスト比が1000:1、視野角は上下/左右ともに178度となっている。

 目への負担を抑えるブルーライト軽減機能を備える他、AMDのRadeon FreeSyncをサポートし、対応機器を使用することで映像のちらつきやカクつきを抑える。さらに、リモコンが付属する。

 背面にイルミネーションリングを備え、映像表示中に自動でやさしく発光し、空間を演出する。 ただし、色の設定やオン/オフの切り替えはできない。

 スタンド含むボディーサイズは約724(幅)×254(奥行き)×510(高さ)mmで、重量は約8.05kgとなっている。

Keian DisplayPortやHDMI、3.5mmのステレオミニジャックを備える。100mmピッチのVESAマウントを用意する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう