プロナビ
ニュース
» 2020年01月31日 14時14分 公開

デル テクノロジーズ、中小企業のIT業務実態を調査 Windows 10への移行にも遅れが

デルとEMCジャパンは、全国の中小企業のIT担当者を対象に実施した独自調査の結果報告を行った。

[ITmedia]

 デル テクノロジーズの日本事業を展開するデルとEMCジャパンは1月31日、全国の中小企業のIT担当者を対象に実施した独自調査の結果報告を行った。

photophoto 中小企業におけるIT担当者の業務環境(左)、働き方改革の実態(右)

 従業員1人〜99人の中小企業のIT担当者(1035人)に実施したアンケート調査をまとめた報告で、この結果によると中小企業の9割以上のIT管理者は9割以上が他の業務を兼任。また58%の担当者はIT管理に割ける時間がわずか1割であることが判明した。

photo 中小企業におけるWindows10への移行状況

 Windows 10への移行状況については、“移行を完了”“移行中”を合わせても71%という結果で、“特に移行を考えていない”とした回答者も10%存在。セキュリティ面で不安が残る状況が浮き彫りとなっている。

photo IT担当者としての業務の負担が増えているか

 また、働き方改革によるIT環境の整備やWindows 10への移行などでIT担当者としての「業務の負担が増えていると感じている」との質問には、39%が「とてもそう思う」あるいは「そう思う」と回答しており、中小企業でIT管理者への負担が高まっている傾向にあることが見て取れる。

関連キーワード

業務 | Dell | Windows 10 | アンケート


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう