プロナビ
ニュース
» 2020年02月25日 14時31分 公開

リコー製プリンタドライバに権限昇格の脆弱性 パッチ適用を呼びかけ

IPAおよびJPCERT/CCは、リコー製プリンタドライバにおける権限昇格の脆弱性を公表した。

[ITmedia]

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)およびJPCERT/CC(一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター)は2月25日、リコー製プリンタドライバにおける権限昇格の脆弱性を公表した。

 脆弱性の内容は、該当するドライバが導入済みのPCで細工の行われたプリンタドライバを用いることで管理者権限を取得される可能性があるというもの。リコーではこの脆弱性に対応したセキュリティプログラムの導入を呼びかけている(告知ページはこちら)。


 この他、リコー製プリンタにおける情報漏えいの可能性やアクセス制限不備といった複数の脆弱性についての公表も行った。該当製品についてはファームウェアを最新版にアップデートすることで対策が可能だ(告知ページはこちら)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう