ニュース
» 2020年03月04日 12時09分 公開

バッファロー、手のひらにすっぽり収まる超小型デザインのポータブルSSD

バッファローは、超小型デザイン筐体を採用したUSB外付けポータブルSSD「SSD-PSMU3」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 バッファローは3月4日、超小型デザイン筐体を採用したUSB外付けポータブルSSD「SSD-PSMU3」シリーズを発表、3月下旬から順次販売を開始する。容量ラインアップは120GB、250GB、480GB、960GBの4タイプで、それぞれカラーバリエーション3色を取りそろえた。価格は120GBモデルが5700円、250GBモデルが8300円、480GBモデルが1万3200円、960GBモデルが2万2300円だ(いずれも税別)。

photo
photophoto SSD-PSMU3シリーズ

 USB 3.2(Gen.1)接続に対応したポータブルSSDで、本体サイズ33(幅)×59.5(奥行き)×9.5(高さ)mm、重量約15gの小型軽量筐体を採用した。またMILスペック準拠の耐衝撃性も実現している。

 接続ケーブルはType-CケーブルとType-Aケーブルの2タイプを付属した。AES 256bit暗号化に対応したパスワードロック型セキュリティソフトの「SecureLock Mobile2」も利用可能だ(ダウンロード提供、Windowsのみ)。

関連キーワード

外付けSSD | バッファロー | USB


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう