プロナビ
ニュース
» 2020年04月08日 16時55分 公開

緊急時のリモートワークには約7割が「賛成」 ジャストシステム調べ

ジャストシステムは、同社が実施した「リモートワークに関する実態調査」の結果発表を行った。

[ITmedia]

 ジャストシステムは4月8日、同社が実施した「リモートワークに関する実態調査」の結果発表を行った。3月23日〜3月27日にかけてネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施したもので、会社員の男女(20歳〜59歳)計1065名から得られた回答を集計している。

photo

 リモートワークの賛否については、「賛成」が50.3%で、理由として「通勤時間の短縮」「通勤に伴う費用の削減」「ストレスの軽減」が多数を占めた。また社会的な情勢変化による「緊急時のリモートワーク」については69.3%が「賛成」としている。

 リモートワーク導入を発表した企業に対しては、62.9%が好感を抱いていることが判明した(「印象が良くなった」「印象がやや良くなった」と答えた人の合計)。またリモートワーク制度の有無が企業を選ぶ決め手になるかどうかについては、16.9%が「そう思う」、28.2%が「どちらかというと、そう思う」と答えている。

 調査結果の詳細はこちらから閲覧可能だ。

関連キーワード

ジャストシステム | 調査 | 実態調査


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう