ニュース
» 2020年05月07日 15時30分 公開

Apple、6月22日から年次開発者会議「WWDC20」を無料で開催 学生向けのプログラミングコンテストも

米Appleは5月5日(現地時間)、年次開発者会議「WWDC20」を6月22日にオンライン形式で開催すると発表した。

[ITmedia]

 米Appleは5日(現地時間)、年次開発者会議「WWDC20」(Worldwide Developeres Conference)を6月22日からオンラインで開催すると発表した。同イベントでは、新しいハードウェアを始め、iOSやmacOS、watchOS、tvOSなどの次期バージョンの話題、Appleのエンジニアと開発者の交流などが例年行われており、31回目を迎える今回は初のバーチャル開催となる。

WWDC2020

 また同時に、学生の開発者が参加可能なプログラミングコンテスト「Swift Student Challenge」も実施される。応募期間は、日本時間で5月18日15時59分までとなっている。

WWDC2020 受賞者には、Swift Student ChallengeApple Developer Programのメンバーシップ(1年分)や特製グッズなどが提供される

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう