ニュース
» 2020年07月28日 14時15分 公開

Intelがデスクトップ向けCPUの新製品を発表 10コア20スレッドの「Core i9-10850K」など4モデル

Intelが突如、デスクトップ向け「Comet Lake」プロセッサの追加ラインアップを発表した。Core i9-10900Kの動作クロックをわずかに下げた「Core i9-10850K」の他、キャッシュを増量したCeleronが3モデル投入される。

[井上翔,ITmedia]

 Intelは7月27日(米国太平洋夏時間)、デスクトップ向けの新型CPUを4モデル発表した。既に発売済みで、今後、搭載する製品が市場に投入される予定だ。

新製品の概要

 新製品は以下の通り。いずれも開発コード名「Comet Lake」の14nmプロセスCPUとなる。モデル名の末尾に「K」の付くものはアンロック(オーバークロック)対応で、「T」の付くものは省電力版となる。

  • Core i9-10850K(3.6G〜5.2GHz、10コア20スレッド、20MBキャッシュ)
  • Celeron G5905(3.5GHz、2コア2スレッド、4MBキャッシュ)
  • Celeron G5905T(3.3GHz、2コア2スレッド、4MBキャッシュ)
  • Celeron G5925(3.6GHz、2コア2スレッド、4MBキャッシュ)

 TDP(熱設計電力)は、Core i9-10850Kが95W(最小)〜125W(標準)、Celeron G5905Tが25W(最小)〜35W(標準)、その他2モデルが58Wとなる。

 内蔵GPUは、Core i9-10850Kが「Intel UHD Graphics 630」、その他3モデルが「Intel UHD Graphics 610」だ。

新製品 新製品はデスクトップ向けの「Core i9」と「Celeron」で登場

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう