ニュース
» 2020年08月21日 18時45分 公開

ZOTAC、容積約2.65Lで第10世代Core i7搭載の超小型ワークステーションベアボーンキットを投入

ZOTACは8月20日、容積が約2.65Lとコンパクトボディーに、第10世代Core i7のCPUとQuadro RTX 3000のGPUを備えたワークステーションのベアボーンキット「ZBOX QCM7T3000」を発表した。

[ITmedia]

 ZOTACは8月20日、CPUにCore i7-10750H(6コア12スレッド、2.6GHz〜5.0GHz)、GPUにQuadro RTX 3000(GDDR6 6GB)を搭載したワークステーションのベアボーンキット「ZBOX QCM7T3000」を発表した。

ZBOX QCM7T3000 ベアボーンキット「ZBOX QCM7T3000」

 容積が約2.65Lの超小型ボディーで、330WのACアダプターが付属する。DDR4 SO-DIMM対応のメモリスロット(最大64GB)を2基、ストレージはM.2スロット(PCI Express 3.0 x4/SATA両対応)、2.5インチSATA 3.0を備える。

ZBOX QCM7T3000 前面のインタフェース
ZBOX QCM7T3000 背面のインタフェース

 インタフェースは有線LAN2(1基は2.5ギガビット対応)、IEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)+Bluetooth 5、SDメモリーカードリーダー、USB 3.0×6(うち1基はUSB Type-C)、HDMI 2.0×2、DisplayPort 1.4×2などを用意する。

 ボディーサイズは約210(幅)×203(奥行き)×62.2(高さ)mm、OSは64bit版Windows 10をサポートする。

ZBOX QCM7T3000 付属品一覧

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.