ニュース
» 2020年04月10日 12時40分 公開

ZOTAC、スマホより小さい超小型デザインのミニデスクトップPCを発売

ゾタック日本は、カード型の超コンパクト筐体を採用したデスクトップPC「ZBOX Pシリーズ PI225-GK」の販売を開始する。

[ITmedia]

 ゾタック日本は4月10日、カード型の超コンパクト筐体を採用したデスクトップPC「ZBOX Pシリーズ PI225-GK」を発表、本日から同社直販で販売を開始する。価格は2万9800円(送料込み/税別、以下同様)。

photo ZBOX Pシリーズ PI225-GK

 本体サイズ63(幅)×95.4(奥行き)×8(高さ)mmのカード型コンパクト筐体を採用したミニPC。CPUにはCeleron N4000 (1.1GHz/最大2.6GHz)を搭載、メモリは4GB、ストレージはeMMC 64GBを内蔵した。

 映像出力はHDMI×1(USB Type-C変換)を装備。IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 5.0、mciroSDリーダーなども利用可能だ。OSはWindows 10 Pro 64bitを導入している。


 この他、キューブ型ミニ筐体を採用したXeon搭載デスクトップPC「ZBOX Qシリーズ QX3P5000」も合わせて販売を開始する。価格は44万8000円。

photo ZBOX Qシリーズ QX3P5000

 本体サイズ225(幅)×203(奥行き)×128(高さ)mmの小型筐体を採用したデスクトップPCで、CPUにXeon E-2136を、GPUにQuadro P5000を搭載したエンジニアリング向けモデルだ。

 メモリは32GB、ストレージは512GB M.2 NVMe SSD+1TB HDDを内蔵。OSはWindows 10 Pro for Workstation 64bitを導入した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう