ニュース
» 2020年10月02日 11時00分 公開

Microsoftが4K表示に対応したワイヤレスディスプレイアダプターや無線周辺機器を投入

Microsoftが10月1日(現地時間)、SurfaceシリーズやMicrosoftブランドの周辺機器を発表した。日本では10月13日から順次発売される。

[ITmedia]

 Microsoftが10月1日(現地時間)、Surfaceシリーズの発表に合わせて周辺機器各種を発表した。いずれも10月13日から日本国内でも販売される(「Microsoft Number Pad」は11月24日、「Microsoft Designer Compact Keyboard」は12月15日予定)。

キーボードやマウス、ワイヤレスディスプレイアダプターも

 今回発表されたのは持ち運びに適したキーボード「Microsoft Designer Compact Keyboard」とテンキーの「Microsoft Number Pad」、ワイヤレスディスプレイアダプター「Microsoft 4K Wireless Display Adapter」、そしてマウスだ。

Surface Dock 2 新たに投入される周辺機器

 キーボードやマウスはいずれもBluetooth接続のデバイスで、コンパクトで持ち運びに適している。Microsoft Designer Compact Keyboardは3つのデバイスを切り替えて利用でき、マット ブラックとグレイシアの2色で展開される。同様のデザインを採用したテンキーのMicrosoft Number Padも2色のカラー展開だ。

 エルゴノミックデザインを取り入れた「Microsoft Bluetooth Ergonomic Mouse」はカスタマイズ可能な2つのボタンを備え、マット ブラックとグレイシア、ピーチ、パステルブルーの4色を用意する。また、スリムなマウス「Microsoft Modern Mobile Mouse」に新色となるサンズストーンカラーが追加された。

Surface Dock 2 約2年間のバッテリー駆動に対応したコンパクトなワイヤレスキーボード「Microsoft Designer Compact Keyboard」
Microsoft Number Pad Microsoft Designer Compact Keyboardとおそろいのデザインとなるテンキーの「Microsoft Number Pad」
Microsoft Bluetooth Ergonomic Mouse 4色で展開される無線マウス「Microsoft Bluetooth Ergonomic Mouse」
Microsoft Modern Mobile Mouse 「Microsoft Modern Mobile Mouse」に新色のサンズストーンカラーが追加された

 ワイヤレスディスプレイアダプターのMicrosoft 4K Wireless Display Adapterは、新たに4K表示をサポートし、HDMI端子と給電用のUSB Type-A端子を用意する。

Microsoft 4K Wireless Display Adapter 新たに4K表示に対応したワイヤレスディスプレイアダプター「Microsoft 4K Wireless Display Adapter」

 価格はMicrosoft Designer Compact Keyboardが7900円(いずれも税別、以下同様)、Microsoft Number Padが3500円、Microsoft 4K Wireless Display Adapterが8180円、Microsoft Bluetooth Ergonomic Mouseが5550円だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.