ニュース
» 2020年10月08日 15時00分 公開

デスクトップ向け第11世代Coreプロセッサ(Rocket Lake)は2021年1〜3月に登場予定 PCI Express 4.0対応

Intelが技術ブログにおいて、デスクトップ向けの第11世代Coreプロセッサを来年(2021年)第1四半期に発売することを明らかにした。先行するモバイル向けと同様にPCI Express 4.0に対応することで、同規格対応のGPUやSSDのポテンシャルを引き出せるようになる。

[井上翔,ITmedia]

 Intelは10月8日(米国)、公式ブログ「Intel Tech」のエントリーにおいて、デスクトップ向けの第11世代Coreプロセッサ(開発コード名:Rocket Lake)を2021年第1四半期(1〜3月)に発表することを明らかにした。

エントリー Intel Techにおける当該エントリー

 Rocket Lakeは、外部バスとしてPCI Express 4.0(PCIe 4.0)を備えているという。同規格に対応するグラフィックスカードやSSDのポテンシャルを引き出せるようになる。

 PCIe 4.0対応以外に、具体的な仕様への言及はない。ただし、過去を踏まえると、先行して登場したモバイル向けの第11世代Coreプロセッサ(開発コード名:Tiger Lake)をベースに開発されているものと思われる。

第11世代Coreプロセッサ 第11世代Coreプロセッサは、モバイル(ノートPC)向けのものが先行して登場している

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう