ニュース
» 2020年12月12日 06時00分 公開

古田雄介の週末アキバ速報:2020年“最後の大物”Radeon RX 6900 XT搭載グラフィックスカードが登場! (1/2)

12月11日19時に、現行Radeonシリーズの最上位GPU「Radeon RX 6900 XT」を搭載したグラフィックスカードの販売が解禁となった。そして、やはりあっという間に枯渇状態に……。

[古田雄介,ITmedia]

 AMDの新型ハイエンドGPU「Radeon RX 6900 XT」を搭載したグラフィックスカードの販売は、先週の「Radeon RX 6800 XT/6800オリファン」モデル販売解禁時と同じく、オンラインのみで扱うショップと、店舗販売を実施するショップで分かれた。後者の内、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は当日15時に先着順で整理券を配る段取りをとっていたが、早朝から店舗に並ぶ熱心なユーザーの姿も見られたという。

ドスパラ秋葉原本店 オンライン販売を告知するドスパラ秋葉原本店
パソコンSHOPアーク パソコンSHOPアークもオンライン販売のみと告知している

「次に来るのはオリファンモデルで、やっぱり少数入荷だと思います」

 初回入荷はASUSTeKやギガバイト、PowerColor、玄人志向など複数のメーカー品が確認できたが、いずれもリファレンス仕様となる。価格は14万円弱から14万6000円強(税込み、以下同)だ。ただし、いずれのショップも販売解禁前に売り切れとなっており、週末に購入できる可能性はゼロに近い状況となっている。

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店の初回入荷分価格表
RX6800XT-16G ASUSTeK「RX6800XT-16G」
GV-R69XT-16GC-B ギガバイト「GV-R69XT-16GC-B」
AXRX 6900XT 16GBD6-M2DHC PowerColor「AXRX 6900XT 16GBD6-M2DHC」
玄人志向「RD-RX6900XT-E16GB」。いずれもパソコン工房 秋葉原BUYMORE店で撮影

 あるショップは「Radeonのハイエンドは、GeForceと比べてもコアなユーザーの需要が強力なので、初回入荷分は確実に取り合いになると思いました。そして、その需要もまだ満たせていないんですよね」と供給量の少なさを嘆いていた。

 なお、次回入荷は「年明けにオリジナルクーラーモデルで」と読むショップが大半だ。オリオスペックは「リファレンスを求める人は今回のタイミングで血眼になったでしょうね」と話していた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう