レビュー
» 2020年12月01日 23時00分 公開

RTX 2080を確実に上回る実力! “手が届く”GPU「GeForce RTX 3060 Ti」発売前日レビュー (1/4)

GeForce RTX 30シリーズの新GPU「GeForce RTX 3060 Ti」を搭載するグラフィックスカードが12月2日23時に発売される。この新たなミドルハイGPUの実力はいかほどのものか、NVIDIA自ら設計したグラフィックスカード「Founders Edition」を通してチェックしていく。

[松野将太,ITmedia]

 NVIDIAは12月2日23時(日本時間)に、新型GPU「GeForce RTX 3060 Ti」を発売する。同GPUを搭載するグラフィックスカードの米国での想定販売価格は399ドル(約4万1600円)からと、12月1日現在において「GeForce RTX 30」シリーズの中では一番手頃な製品だ。

 このGeForce RTX 3060 Tiは、価格帯的にはミドルハイクラスのGPUである。しかし、前世代のハイエンドGPU「GeForce RTX 2080 SUPER」を上回るほどの性能を発揮するなど、これまでのRTX 30シリーズに負けず劣らずパワフルな仕上がりとなっているという。

 この記事では、リファレンスカード(NADIAが自ら設計したグラフィックスカード)である「GeForce RTX 3060 Ti Founders Edition」(日本未発売)を通して、その実力をチェックしていく。

GeForce RTX 3060 Ti Founders Edition GeForce RTX 3060 Ti Founders Editionを使って実力をチェックする

RTX 2080 SUPER超え! RTX 2060 SUPER比で平均40%以上の性能向上

 GeForce RTX 3060 Tiは、これまでのRTX 30シリーズ製品と同じくNVIDIAの最新GPUアーキテクチャ「Ampere(アンペア)」に基づいたGPUで、Samsung Electronics(サムスン電子)の8nmプロセスで製造されている。

 1つ上位のモデルに位置付けられる「GeForce RTX 3070」と同様に、GPUコアは「GA104」で、グラフィックスメモリは「GDDR6」規格となっている。主な仕様は以下の通りだ。

  • CUDAコア数:4864基
  • グラフィックスメモリ容量:8GB
  • 接続バス:PCI Express 4.0 x16
  • 消費電力:200W
主な仕様 RTX 30シリーズ(とRTX 2060 SUPER)の主な仕様
GPU-Z 「GPU-Z」で取得したGeForce RTX 3060 Ti Founders Editionの情報。GPUコアが「GA104」である点、メモリがSamsung製GDDR6メモリである点などが読み取れる

 RTX 3070と同じGPUコアを採用するものの、当然ながらCUDAコア数は削減されている。その数は4864基と、総数にして1000基近くの差が付いている。とはいえ、GeForce RTX 2060 SUPERと比較すればほぼ2倍である。「CUDAコア数が多めである」というAmpere世代GPUの特徴は踏襲している。

 GPUの動作クロックもRTX 3070から若干低くはなっているが、グラフィックスメモリ回りのスペックは変わらない。カードの消費電力は200Wで、RTX 3070よりも20W低い。末尾に「Ti」が付くモデルということもあり、素性は多くの点で“RTX 3070寄り”だ。ちなみに、NVIDIAはRTX 3060 Tiのパフォーマンスについて「GeForce RTX 2080 SUPERを上回り、RTX 2060 SUPERよりも平均40%以上高速である」としている。

 RTX 30シリーズの既存製品は、フルHD(1920×1080ピクセル)やWQHD(2560×1440ピクセル)といった解像度のゲーミング用途であれば、十分すぎるほどの性能を確保している。ゆえに「RTX 3070以上のハイエンド製品は不要だ」という人も少なくないはずだ。499ドル(約5万2000円)だったRTX 3070よりもさらに100ドル手頃な本製品は、多くのコスパ重視のゲーマーにとって有力な選択肢となりうる。

デザイン GeForce RTX 3060 Ti Fouders Editionのデザインは、GeForce RTX 3070 Founders Editionとほぼ同じである。ただし、シュラウド部分の金属素材のカラーが明るめのシルバーに変更されている
GPU補助電源ピン 側面にはGPU補助電源用の12ピンコネクタを用意している。独自のものだが、これまでと同様に8ピンへの変換コネクターも付属する
バックプレート 本体背面はほぼバックプレートに覆われており、片側のファン裏側にあたる部分は四角く切り取られている。中央部には「RTX 3060 Ti」の文字がある
側面 RTX 3070 Founders Editionと同様に、カードの奥側には2点のネジ止めが確認できる
映像出力 RTX 3060 Ti Fouders Editionの映像出力端子は、HDMI×1とDisplayPort×3を備える
サイズ比較 GeForce RTX 3080 Founders Editionと並べたところ。こうして見ると、RTX 3060 Ti Fouders Editionは「子ども」のようにも見える
サイズ比較 RTX 3070 Founders Editionとサイズを比較。こちらはほぼ同サイズで「双子」のように見える
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう