プロナビ
ニュース
» 2021年01月20日 17時00分 公開

まだまだPCは伸び続ける――NECPCが考える2021〜22年の市場動向(1/3 ページ)

NECパーソナルコンピュータが、PCやタブレットの2021年春モデルを発表した。発表会では、2020年の振り返りと2021年への展望も語られた。新型コロナウイルスは、PCやタブレットの売れ行きにどのような影響を及ぼしたのだろうか?

[井上翔,ITmedia]

 既報の通り、NECパーソナルコンピュータ(NECPC)は1月19日、PCやタブレットの2021年春モデルを発表した。

 同日に行われた発表会で、同社の河島良輔執行役員が個人向けのPCやタブレット端末の市場概況を説明した。新型コロナウイルスの感染拡大は、PCやタブレットの出荷にどのような影響を与えたのだろうか。

新モデル 1月19日に発表された新製品
河島良輔執行役員 河島良輔執行役員

2020年は「マイナス」を予想していたが……

 NECPCでは、2020年は店頭で販売されるPCやタブレットの出荷台数が「マイナス」になると予測していた。2019年10月の消費税率の引き上げに加え、Windows 7の延長サポート終了に伴う「駆け込み需要」が一巡したことから、2019年比でPCは15%、タブレットは12%のマイナス成長となると見立てていたようだ。

 ところが2020年初頭、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、テレワーク(遠隔勤務)を急きょ導入する企業や団体が増え、学校や塾でもテレスクール(遠隔学習)の導入が急ピッチで進められた。いわゆる「巣ごもり」のために、PCやタブレットを使って自宅で動画や音楽を楽しむ人も増えた。

 結果、2020年の出荷台数の実績は、2019年比でPCは6%、タブレットは20%のプラスとなったという。NECPCの自社調べの数値ではあるものの、「コロナ禍」は店頭向けのPC/タブレット市場に予想外のポジティブ効果をもたらしたようだ。

予想外のプラス成長 2020年の店頭向けPC/タブレット市場は、当初のマイナス成長予測に反してプラス成長となった(NECPC調べ)

反動減を上回る需要増がある

 この予想外のプラス成長は「テレワーク」「テレスクール」「ホームエンタメ」の3分野におけるニーズの高まりに支えられたというのがNECPCの見立てだ。

 このニーズがコロナ禍によってもたらされたものだとすると、ある意味で「特需」とみなすこともできる。「急に必要になったから買った(買い換えた)」となると、需要の「前借り」とも捉えられる。河島氏によると「これが(需要の)ピークで、しばらくは上がらないのでは?」「(需要の前借りによる)反動がこれから来るのでは?」と聞かれることも多いという。

 しかし、NECPCはそう考えていない。反動減を織り込んだとしても、店頭向けPCには約1000万台の潜在需要があるというのだ。

 同社では1000万台のうち310万台は2021年中に、残りは2022年からの1年半で消費されると予測を立てている。1000万台の内訳は、テレワーク需要が300万台、テレスクール需要が600万台、ホームエンタメ需要が200万台と、テレスクール需要のウエイトが大きめである。

需要 新型コロナウイルスの感染拡大による店頭向けPC/タブレット需要は「前借り」が指摘されているものの、NECPCでは前借り分を上回る潜在需要があると予測している。なお、「K12」は小学校から高校までの教育課程を表す用語だ
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう