ニュース
» 2021年01月23日 06時00分 公開

「20日からはRadeon RX 5700系が人気です」――マイニングのトレンド変化に機敏に反応するアキバ古田雄介の週末アキバ速報(2/2 ページ)

[古田雄介,ITmedia]
前のページへ 1|2       

「B550 AORUS ELITE」の新バージョンが登場

 品薄感とともに、半導体を使ったパーツの値上がり傾向も続いている。その中でやや変わった目線で注目を集めている新製品が、ギガバイトのAMD B550チップセット搭載マザーボード「B550 AORUS ELITE V2」だ。ATXサイズのゲーミングモデルで、価格は1万8500円前後(税込み、以下同)となる。

B550 AORUS ELITE V2 ギガバイト「B550 AORUS ELITE V2」

 2020年6月に登場した「B550 AORUS ELITE」のバージョンアップモデルで、USB 3.2ポートの配置を変更するなど若干の修正が加えられている。あるショップは「仕様変更よりも部品を変更するのが狙いだと思います。とにかくマザーを組み立てるために必死で供給網を調整しているみたいですね」と推測していた。

 価格も市場在庫が残っている旧バージョンの現行価格より1000円程度高い(初回入荷価格はほぼ同額)が、そこもいたしかたなしと同情する声が多いのも印象的だ。別のショップは「板モノも値上がりは時間の問題です。グラフィックスカードはなかなか再入荷がない状況なので表に出てきていませんが、マザーボードも厳しいでしょう。バージョンアップして別型番に切り替えるのも1つの手ですね」と語る。

B550 AORUS ELITE V2 旧バージョン(左端。V2は右端)と併売しているショップもある

 なお、同じタイミングでmicroATXサイズの「B550M AORUS PRO-P」も出回っている。価格は1万6500円前後だ。

ギガバイト「B550M AORUS PRO-P」
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう