ニュース
» 2021年03月08日 16時27分 公開

トランセンド、リード最大3800MB/sを実現したNVMe Gen4対応のM.2 SSD

トランセンドジャパンは、M.2 NVMe Gen4接続に対応した内蔵型SSD「MTE240S」を発売する。

[ITmedia]

 トランセンドジャパンは3月8日、M.2 NVMe Gen4接続に対応した内蔵型SSD「MTE240S」を発表、本日販売を開始する。容量ラインアップは500GBモデルと1TBモデルを用意。予想実売価格は500GBモデルが1万980円、1TBモデルが1万7980円だ。

photo MTE240S

 NVMe Gen.4×4接続をサポートしたM.2 NVMe SSDで、リード最大3800MB/s、ライト最大3200MB/sの高速転送を実現。熱伝導性に優れたグラフェン素材を採用するヒートシンクを標準で搭載した。TBW(総書込み容量)は500GBモデルが850TBW、1TBモデルが1700TBWとなっている。

 また専用の管理ツールを利用可能で、SSDの健康状態のチェックやクローン化などを行うことができる。

関連キーワード

NVMe | SSD | Transcend | ヒートシンク


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう