ニュース
» 2021年07月30日 16時11分 公開

GIGABYTE、240Hz駆動ディスプレイを備えた15.6型ゲーミングノート「AORUS 15P」

台湾GIGABYTE Technologyは、第11世代Core i7プロセッサを採用した15.6型ゲーミングノートPC「AORUS 15P」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 台湾GIGABYTE Technologyは7月30日、第11世代Core i7プロセッサを採用した15.6型ゲーミングノートPC「AORUS 15P」シリーズを発表、8月6日から順次販売を開始する。搭載グラフィックスコア/ストレージ容量の差異で2構成を用意。予想実売価格はそれぞれ25万6000円前後/30万5000円前後だ(税込み)。

photo AORUS 15Pシリーズ

 240Hzの高リフレッシュレート表示をサポートした15.6型フルHD液晶ディスプレイを内蔵するゲーミングノートPCで、CPUとしてCore i7-11800H(8コア16スレッド、2.3GHz/最大4.6GHz)を、グラフィックスコアとしてGeForce RTX 3060/同 3070 Laptopを採用。大口径の冷却ファン2基を採用した独自冷却機構の“WINDFORCE Infinity”を採用し、安定したブーストクロック動作が可能となっている。

 メモリは16GB、ストレージは512GB/1TB NVMe SSDを搭載。Wi-Fi 6無線LAN、2.5GbE対応有線LANなども装備した。キーボードはバックライト内蔵の日本語配列となっている。OSはWindows 10 Homeだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.