ニュース
» 2021年10月09日 06時00分 公開

Windows 11リリースの影響は「今のところそよ風」古田雄介の週末アキバ速報(1/2 ページ)

Windows 11が正式リリースされた最初の週末を迎える。しかし、秋葉原の自作PCショップではあまり大きな動きは起きていない様子だ。

[古田雄介,ITmedia]

 10月5日、Windowsの新バージョン「Windows 11」が正式リリースされた。PCショップにはWindows 11対応PCが並び、PCパーツフロアにもWindows 11にアップデートしたデモ機が見られたが、街の空気は静かだった。

Windows 11 TSUKUMO eX.に置かれたデモ機。Windows 11にアップグレードされていた

「8.1から10にアップした頃とは違いますよね」

 TSUKUMO eX.は「たまに質問をいただきますね。(Windows 11にした)デモ機も興味深く触っていく人が毎日いらっしゃいます」という。一方で、「Windows 11用に一式組むという動きは、PCパーツフロアには届いていないですね」という。

 他のショップも空気感は似ており、あるショップは「影響はそよ風程度ですよ。自作PCに詳しい層はWindows 10の延長線上だと分かっているし、自分で要件を調べてインストールして試していますしね。そこまで詳しくない層の人たちには、パッケージ版が出ないと響かないでしょうし」と淡々と話していた。

Windows 10 TSUKUMO eX.に並ぶWindows 10。在庫は十分にあった

 Windows 10の登場時(DSP版の発売は8月1日)との空気の違いを指摘する声も多い。当時のように従来バージョンのパッケージが品薄になったり、大規模な買い控えが起きたりする光景も見られなかった。

 パソコンSHOPアークは「8.1から10にアップした頃とは違いますよね。OSへの注目度が下がったというか、徐々にアップグレードしていくものという意識が広まった感じはしますね。スマホに近い感じかもしれません」という。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.