レビュー
» 2021年10月26日 12時00分 公開

20年目の新モデル「REALFORCE R3」で変わったこと 変わらなかったこと(2/5 ページ)

[瓜生聖,ITmedia]

第3世代に求められたものと実現したもの

 そして第2世代の登場から4年、初代から20年を数える2021年、待望の第3世代となるR3が発表された。

 何と言っても、今回のR3の注目ポイントは多くのユーザーが期待したBluetooth接続への対応だ。しかも、Bluetoothだけでなく、USB接続もサポートしたハイブリッドモデルとなっており、Bluetooth 5.0で最大4台までのペアリングとUSB Type-C接続で合計5台を切り替えて使用できる。

REALFORCE R3 REALFORCE R3のパッケージ。手前がテンキーレス、奥がテンキー付きだ
REALFORCE R3 各モデルのスペックと価格。こちらはハイブリッドモデル
REALFORCE R3 各モデルのスペックと価格。ハイブリッドモデルと、4モデル用意されるUSB接続のみのモデル

 Bluetooth接続時の電源供給は電池(単3型乾電池×2)もしくはUSB給電なので、バッテリー型だとバッテリーの寿命が心配だ、という人も安心して利用可能だ。ちなみに、ニッケル水素充電池も利用できるが、REALFORCE自体に充電機能はない。PCにUSBケーブルを接続して給電しつつ、Bluetoothで接続した別の機器を操作することも可能だ。

 ハイブリッドモデルのUSBケーブルは本体側がType-C、ホスト側がType-Aの着脱式で、ホストとはUSB 2.0で接続する。本体重量はフルキーモデルが約1.6kg、テンキーレスモデルは約1.3kgと、それぞれ200gほど重くなっている。もっとも、据え置き型キーボードの場合は安定性のためにも重量が求められ、デメリットとはならないだろう。

 底面のラバーフィートはR2の4枚から6枚に増えているが、追加されたラバーフィートは手前側の斜面に貼られている。チルトスタンドを立てたときの安定性向上を意図したものだろう。

REALFORCE R3 ハイブリッドモデルには2本の単3型乾電池と本体色に合わせたUSBケーブルが付属する。ケーブルの長さは実測で約185cmとゆとりがある
REALFORCE R3 ハイブリッドモデルの底面に2本の電池を内蔵する。USB給電でも稼働する
REALFORCE R3 各種情報は4つのLEDを兼用して表示する。Fn+F9で現在の接続先、Fn+F10でバッテリー残量といった具合だ
REALFORCE R3 底面のラバーフィートは、テンキー付き/テンキーレスを問わず合計6カ所に貼られている
REALFORCE R3 キースペーサー(2mmと3mmを用意)は別売となった。キースペーサー単体の他、キットにはキーを取り外すためのキープラーがセットになる
REALFORCE R3 REALFORCEロゴは右上から左上に移動した
REALFORCE R3 ハイブリッドモデルはケーブル着脱式で、USB Type-C端子を装備する
REALFORCE R3 USBモデルはR2と同様のケーブル直付けだ。ケーブルは三方向から取り出し可能になっている
REALFORCE R3 ハイブリッドモデルのR3HC21(スーパーホワイト)とUSBモデルのR3UC31(ブラック)。ブラックモデルでは、ハイブリッド45g荷重モデルのR3HA11/R3HC11以外は全てレーザー印刷だ
REALFORCE R3 Fnキー+1〜4キーでBluetooth 1〜4、Fnキー+5キーでUSB接続に切り替えられる。Bluetooth接続先では[機器名]_1〜4とスロット込みで表示される(写真はPixel 5aの場合)。機器名はデフォルトではREALFORCEだが、専用ソフトウェアで変更可能だ
REALFORCE R3 テンキーレスモデルのスペースバーの横幅は、約66mmある

 続いて、生まれ変わった専用のREALFORCEソフトウェアを見ていこう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.