ニュース
» 2022年01月14日 15時30分 公開

Dropbox、Apple Siliconバイナリのクライアントソフトをβ版として公開

米Dropboxは、同社のクラウドストレージサービスで使用するデスクトップクライアントソフトのβ版(140.3.1903)を公開した。今回のβ版から、Apple Siliconバイナリのソフトが新たに加わった。

[ITmedia]

 米Dropboxは1月12日(現地時間)、同社のクラウドストレージサービスで使用するデスクトップクライアントソフトのβ版(140.3.1903)を公開した。

 今回のβ版から、Apple Siliconバイナリのソフトが新たに加わった。Googleが2021年10月にGoogle DriveのクライアントをApple Siliconバイナリで公開し、Microsoftは2021年12月にOneDriveのクライアントをApple Siliconバイナリの形で提供を始めていたが、これにDropboxが続いた格好になる。

Dropbox Dropbox

 Apple Siliconバイナリのクライアントソフトは同社のWebサイトからダウンロードできる。このサイトでは、Intel MacとApple Siliconの両方に対応するUniversal形式のソフトと、Intel Macのみ、Apple Siliconのみにそれぞれ対応するソフトを提供している。

Apple Siliconバイナリのクライアントソフトをダウンロードし、「情報を見る」でファイルの詳細情報を表示したところ。Apple Siliconのバイナリであることが確認できる Apple Siliconバイナリのクライアントソフトをダウンロードし、「情報を見る」でファイルの詳細情報を表示したところ。Apple Siliconのバイナリであることが確認できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.